2012年4月7日

‘おそうじ革命”スタッフのMです。

一般家庭の汚れと向きあってからというもの早1年5ヶ月。明日も・・・。

今回は教わったハウスクリーニング知識から汚れの性質について
おおまかに酸性とアルカリ性に分けることができます。酸性はアルカリ性を中和し、アルカリ性は酸性を中和してくれます。

例えば、キッチンのレンジフード、または、換気扇の内分や周囲に付着したギトギトべとべとの油汚れは酸性の性質ですので、アルカリ性の油汚れ専用の洗剤を使用すると反応して落としやすくなる。トイレの便器内分にこびりついたあの頑固な黄色いカリカリ(尿酸カルシウム)はアルカリ性なので酸性の専用洗剤を。
つまりは汚れの性質を知り相対する性質での打ち消し効果を上手く利用すれば清掃効率は良くなり、汚れを除去して見事に綺麗な状態ですよね。(※酸性にアルカリ性、それぞれ強弱あり、ものによっては金属を溶かしたり皮膚などのたんぱく質を溶かしたり作用するので、正しい使用法と注意が必要です。)
ハウスクリーニングを行う上で、大切なのは、仕上がりと効率です。
いかに時間範囲内で、お客様の感動を引き出せるか!!
おそうじ革命はこだわりまくってます(^.^)

とは言ってみたものの、大変なのは変わりない(^_^;)

byおそうじ革命 M

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料