2012年5月15日

本日はキッチン(台所)の換気扇、レンジフードの分解洗浄のサービスに伺いました。
レンジフードクリーニング
シルバー(アルミ)の色のレンジフードフィルターで写真でもわかるようにきれいなりました。
やり方によっては、変色したり劣化したりしますので、薬品などの取り扱いに十分注意しながら、少しずつ油汚れを分解して作業を進めていきます。
レンジフードが汚れて、そのまま使い続けると、吸い込みが少しずつ弱くなっていくんです。そうすると・・・
やっかいなことに、周辺の壁などがベタベタしていきます。
レンジフードは中にファンやプロペラが入っていて、油で汚れていくと、ファンやプロペラが重くなるんです。それが吸引力低下の原因の1つです。

どのくらいでクリーニングおすすめしてるのかというと使用頻度にもよりますが大体1年から2年くらいに一度はクリーニングおすすめします。
何故かというと
油汚れも日がたつにつれて塗装面などに張り付いてしまいます。塗装は油性で汚れも油なので、油汚れが付着したまま放置しておくと、化学反応を起こして塗装と油汚れが一体化します。そうすると洗剤で油を落とそうとすると塗装も一緒に剥がれてしまうんですね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
なるべく早いうちにクリーニングをしておけば、強い薬品を使わず状態の良いまま綺麗なレンジフード換気扇を長持ちさせることができます!

レンジフードクリーニングならおそうじ革命へ!

ハウスクリーニングのメニューの中でも、人気のサービスです!

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料