2013年5月17日

みなさんこんにちは、おそうじ革命ハウスクリーニングスタッフの荒川です。

2013年ももう5月になりました。

日差しも暖かく、昼間は汗ばむほどです。

ゴールデンウィークはほとんど雨も降らず、絶好のお出かけ日和でしたね!

さて、そんな今日は江東区のマルマンビルの中にある御宅にてレンジフード内部清掃をして参りました。画像の説明yajirushi1s_image_1
レンジフード内部構造、みなさんご存知ですか??大抵はフードという屋根のような囲いの中にフィルターがついてて、それを外すとカタツムリの殻のような形をしたドラムが出てくるんですけど、そのさらに中にファンが入っていて、そのファンが回転することで煙を吸い上げ、屋外に排出するシステムになってるんですねぇ。油の...かたまり...。
このドラムの中は大抵油まみれになります。

ただの煙を吸ってるだけのレンジフードの内部が何故油まみれになるのでしょうか。それは、炒め物や揚げ物をすると、揮発した油分がけむりに乗ってこのファンに吸い込まれ、その煙の中の油分がファンの中で冷えて沈殿することによって引き起こされます。

初めは極めて微細な汚れも、何年も経過すると徐々にガンコになっていきます。ピッカピカの部品!
そんなレンジフード内部清掃ですが、まずフードやファン、電気配線などの細かいパーツを全て外します。そしてドラムの中に洗剤を塗布してつけおきをします。組み立てて完成っ!

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料