2013年9月4日

こんにちは!おそうじ革命スタッフの荒川です。

残暑が続いております。

かと思えば秋のように爽やかな日よりとなることも多く、季節の移ろいを感じさせる時節となりました。

そんな今日この頃…。

おそうじ革命にも新しい仲間が続々と入ってきております!!

写真の彼は新しい仲間の一人、原田くんです!

今日は原田くんと豊洲にありますキャナルスクウェア豊洲というマンションへエアコンのお掃除に伺いました。原田です!
おそうじ革命のエアコンクリーニングは、エアコンのほとんどすべてを丸洗いします。ご存知でしたか?
詳しいことは当ホームページのエアコンクリーニングページに書いてありますのでご一読いただければと思います。

エアコンクリーニングのメインはやっぱり熱交換器やファン、ルーバーなどです。この部分が風を送る機構のほぼすべてを担ってますので、ニオイやカビはこの部分を洗ってしまえばスッキリ綺麗になります。何年もお掃除してないとでてきた汚水が真っ黒で、お客様も仰天されることが多いです。

でも今回書くのは、エアコン本体を包んでいるカバーの洗浄についてです。これまでにもこのブログでエアコンクリーニングについてはたくさんのスタッフが書いてきましたが、意外とカバー洗いについては書かれてないことが多かったので、せっかくなのでご紹介したいと思います。

エアコンクリーニングはまずこのカバーを分解するところから始まります。まずルーバーを取り外し、前面パネルを開け、集塵フィルターを外し、本体と固定しているネジを取り外したら、上下についている外れどめの爪を引っ張って分解します。
意外と目につかないものですが、写真でもわかるようにカバーは結構汚れてるんです。ホコリ...
取り外したカバーはまず洗剤をかけて汚れを浮かせます。みるみるうちに...
洗剤をかけたらブラシやスポンジを使って汚れを分解していきます。分解っっ!!
最後に全体を水洗いして終了です。さっぱり~。
いかがですか?カバーはクリーニングしても特にエアコンの本域の部分に変化が出るわけではありません。でも、せっかくお掃除するならとにかく全部やってほしい!というのが本音だったりもしますよね。笑

おそうじ革命のエアコンクリーニングで隅々まで丸洗いしたエアコンから出る風は、きっと澄んだ秋の空気のように清々しいはずですよ!笑

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料