2014年6月27日

どうも、こんにちは!おそうじ革命スタッフのMです!
歳月というのはあっという間に過ぎてしまうものだなぁと、ここ1ヶ月の出来事を振り返りブログのネタを作成してます。これが色々とありすぎて結構悩む(-.-)。
う~ん、6月といえば雨!五月雨(旧暦)っていうだけに連日よく降ってくれましたよねー。休日は雨かなと不安あったが、この日は気持ちのいい五月晴れで爽快でした(名も無き峠と秘境を求め)。画像の説明
さて、今回もエアコンに関する記事をのせていきたいのですがそろそろネタが尽きてきた・・・。
5月・6月にもなるとこの業界ではエアコンクリーニングの繁忙期ピークで大変忙しい時期だったりします。
ほぼ毎日エアコンと対峙して格闘しているというのにネタがないなと・・・、明日もエアコン。明後日もエアコン。クリーニングはおそうじ革命へ!って、すでにエアコンクリーニング中毒者だ。
6月のはじめ頃に都内某所の飲食店にて天井カセット形4方向吹き出し口の大型のエアコンを分解洗浄していました。通称「天カセ」です。天カセ。画像の説明
このタイプはオフィスや飲食店などで設置されていることが多いですね。
壁掛けタイプと違い、天井にスッポリ埋まって全方位に効率よく機能してくれます。画像の説明画像の説明画像の説明
順番に部品を取り外していくと基板からツタのように配線がめぐっているのがよくわかります。
天カセ大型の特徴として、ドレンパンを降ろすためには引っかかりとなっている配線とコネクターの取り外しが必要になってきます。
基板は機械の脳みそのようなものなので慎重に正確に配置も忘れないように(汗)
画像の説明
↑ドレンパンというのですが、冷房使用で生じる結露を受けるお皿の役割りをしているので内部はカビ温床となり、腐った水は悪臭の要因になってます。画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明
各部品やパーツをの汚れを落とし、熱交換機と呼ばれる機械の一部分のアルミフィンを薬剤と高圧洗浄でキレイに洗い流していけば内部の掃除は終了です。
しかし、油断はできないんですよね・・・、天カセの難関は部品の取り付けにあって、事故の多くは配線・コネクターの取り付け間違いだとよく聞きます。
なので、機械に情弱な私は必ず写真を撮って正確に確実に接続を間違えないようにしてます!そしてエラーが出ないことを祈る。(もうしばらくはエアコンとの格闘も続くかねぇ)

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料