2014年10月21日

Top / QBlog-20141021-1

どうも、こんにちは!おそうじ革命スタッフのMです!

さてさて、10月も後半にさしかかり冬の近づきをひしひしと肌身に感じますね!(うう・・・、寒い・・・)

10数年落ちだけに無事に作動するかどうか、リモコンを握る手にも汗がにじむ。
運転確認で把握できたのは、風量が極端に弱い・冷暖房の効きが悪い感じ・本体の微妙な振動。これらの状態から推測するに

①冷媒の減少
②ホコリなどの詰まり
③ファンの一部破損
④その他

実際に内部を見なければ何ともいえないのですがね・・・。室内が汚れないように周辺の養生と準備を済ませ、早々にエアコンの化粧カバーを外してみると
エアコンクリーニングエアコンクリーニングエアコンクリーニング
↑ 熱交換機の表面を覆い隠すようにホコリとカビがびっしり貼りついているのがわかる。

この状態では、熱伝導の低下・十分な空気を取り込めずに風量は少なく、冷暖房の効きをあまり感じられなことと、機械への負担は計り知れない。
原因が分かれば対策も立てやすいものの、あくまで清掃の範疇。汚れを落としてキレイにすることしか出来ないないのですが、汚れが原因の不具合もあるだけに、クリーニングで改善できれば一石二鳥なんてこともあったりします。エアコンクリーニングエアコンクリーニングエアコンクリーニング
↑ 熱交換器に貼りついたホコリもカビも、高圧洗浄してしっかり洗い流しました。
ファンの汚れもしっかり落とす。

大変でしたが、さっぱりキレイなりましたね​!作業中の画像は少なめで残念ですが、流れていく汚水はホコリとカビで真っ黒だったんですよ・・・(汗)

まぁ、なによりも作業後、エアコンの涼風と清涼感を確かめて、効きの違いに改めてメンテナンスの重要性を肌身に実感しました。お客様には喜んでいただけたし、この調子で今年も乗り切るぞー!!

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料