エアコンクリーニング

一般家庭でできる簡単エアコンメンテ

2015年8月16日

ブログへのご訪問ありがとうございます。

暑い日が続き、エアコン冷房無しでは生活できませんね。
エアコンの洗浄の依頼も増えております。
そこでよくご質問があるのが、エアコンのメンテナンスについてです。

風が出るところからカビが見える…。
部屋干しの生乾きの匂いがする…。

このような状態を防ぐには、一般家庭でエアコンを使用する際にどのようなことに気を付けたらいいですか?

…との質問が結構あります。

エアコン洗浄をする際に私はこのようにお答えしています。

「夏が終わり冷房を使わなくなると思ったら、10分間、暖房運転をして内部を乾燥させてください」

冷房は、エアコンのカバーを外すと熱交換器という金属があります。
この金属をガスの力を使って冷やし、空気がこの金属を通り抜けることによって冷えた空気を部屋の中に送り出します。
金属の部分には冷えたことにより結露が発生して、常に湿っている状態になります。

そこで、冷房を使わなくなると、エアコンの内部は湿ったまま。

と、どうなるか?
エアコンの内部はカビの温床になりやすい状態になってしまいます。

来年の夏、そのままエアコンのスイッチを入れると…

黒い斑点…
カビ臭い…

そこで、エアコンの冷房を使わなくなるころに、暖房をつけて内部を乾燥させることをお勧めしています。

暖房は冷房とは逆に、金属を温かくするので、今度は乾燥します。
エアコンのシーズンオフになる前に、一度乾燥させることで、カビの発生をし難くするこができます。

エアコンのシーズンオフにはまだまだですが、「夏しかエアコンを使いません」という方、ぜひ、試してみて頂ければなと思います。エアコンクリーニングエアコンクリーニングエアコンクリーニング

タップですぐに電話できます 0120-38-2051

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もり