おそうじ革命ブログ

浴室をピカピカに

2015年10月3日

こんにちは。
お仕事が終わってからの帰り道、寒さに驚いて長袖が手放せなくなった次郎です。
三輪バイク・・・季節の先取りにはぴったりです。

おそうじ革命のホームページ、ブログページにお越し頂き、ありがとうございます。
今日のテーマは【浴室】です。
おそうじ革命で、最初に教わるのが浴室清掃です。
浴室には、水垢汚れ、石けん汚れ、カビ汚れという3つの落とすべき汚れがあります。
また、作業する場所も壁、天井、床、扉、バスタブ、排水口、金具、鏡と豊富なので、基本を学ぶのにぴったりだからです。
最初の1ヶ月は、ほぼ毎日、浴室です。
屈伸と磨く動作の連続で、全身が感じたことのない筋肉痛、痛みで動作が不自然になります。
初めて作業した日は、丸1日かかりました。
先輩から、手直し箇所を指摘される度に、泣きたくなるような感情があふれたことを思い出します。
3ヶ月で、3時間を切るようになり、最近ではタイプによりますが、2時間程度で仕上げることができるようになりました。

簡単に手順を。
浴室全体に、汚れを柔らかくする洗剤を塗布し、つけ置きする。(酸性)
外せるパーツ(物干棒、風呂フタ、排水口、換気扇フィルターなど)を洗い、外に出す。(アルカリ性)
壁、扉、バスタブの石けん汚れを落とす。(アルカリ性)
扉の水垢汚れ、通気口の汚れを落とす。(アルカリ性)
天井のカビ汚れ。角・隅・取合い部にカビ防止洗剤を塗布する。(アルカリ性)
水栓金具、鏡を磨く。
床を磨く。(アルカリ性)
全体に水を大量に流して、触りながら汚れの残りを確認する。
水を拭き取る。
乾拭きする。
しっかり乾燥させると濡れている時には見えなかった汚れが浮かび上がってきますので、手直しをする。
上から、正面から、下から角度を変えて全体を見て、時には床に寝転がって確認して。
水垢汚れ、石けん汚れ、カビ汚れを落とし、白いモノは白く、光るモノは輝かせて。
素肌が触れる場所ですので、きれいにすることは当然ですが、安全に安心して使っていただけるように心をこめて。

おそうじ革命は「徹底力」を売りにしています。
お掃除のABCD
A・・・当たり前のことを
B・・・馬鹿にしないで
C・・・ちゃんとやる
D・・・できるまで
【おそうじ革命イズム】がインストールされてきました。
弊社の代表は「日本で一番おそうじが好きな社長はオレだから。直接、教わるみんなは幸せ」口癖のように言います。
本物の技術を学び、お客様が喜ぶお顔が見えて、働くことができる。
本当にありがたいことだと思っています。

男女の雇用、昇級が平等になりました。
女性の社会進出が当たり前になった現在、家事を女性だけがやること、あり得ません。
男性が家事をやること、当たり前になります。
一方で、家事が苦手な方がいます。
苦手なことを克服する。それも立派です。
または得意な人にお願いをする。これも大切です。
これから、お仕事と同様に、家事も外注することが当たり前の時代がきます。
おそうじ革命・・・お客様の良きパートナーを目指して、技術向上に勤しんでおります。
ぜひ、お気軽にご相談くださいね。
ありがとうございます。
浴室クリーニング浴室クリーニング浴室クリーニング浴室クリーニング

タップですぐに電話できます 0120-38-2051

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もり