2016年2月14日

こんにちは。

作業スタッフの次郎です。

おそうじ革命のホームページにお越し頂き、ありがとうございます。

今日のテーマは【床】です。

 

日々の床のお手入れは、どのようになさっていますか?

掃除機をかけています。という方が大半ですね。

床は、食べこぼし、飲みこぼし跡で、自然に汚れていきます。

また、素足で生活していれば、足裏の脂分もついていきますので、よく歩く通過動線は、黒く変色していきます。

ワックスが剥がれるのでは?と心配になるところですが、時には水拭きをして、汚れが軽いうちに落としておきたいところです。

 

プロのお掃除では、ワックスがけをする前提で作業していきます。

床の汚れを落とし、水拭きして、掃除機がけをして、仕上げにワックスです。

一番大切な作業は、床の汚れを落とすこと。

下処理と呼ばれる作業です。

薄めた洗剤を塗布する。メラミンスポンジで拭き汚れを取る。雑巾(クリーンパット)で拭く。

下処理は、両膝をつけての作業となります。

膝が痛くなり、腰にも負担がきます。

我々のズボンの膝が汚れているのは、この作業をするからですが、上手になると汚れなくなるようです。

下処理後、水拭きパットで汚れをとり、仕上がりの確認をします。

掃除機がけをして、埃や髪の毛を除去します。

そして、ワックスをかけます。

ワックスがけは、独特の緊張感があります。

ファミリータイプの住宅ですと3~5名で作業をします。

ワックス塗りは、皆で1日かけてやってきたことの集大成です。

床は、面積が広く、最初に目に入る場所。

第一印象で「きれい!」とおっしゃっていただける見せ場です。

これから、引越しシーズンです。

空室清掃ラッシュが始まります。

これから不動産を売却するという方は、クリーニングの仕上がり次第で、購入者の印象が変わります。

これから新居に住むという方は、新生活を心地よくスタートするために。

どちらにしても良いクリーニングをしたいところです。

おそうじ革命では、質にこだわって、徹底清掃をしています。

皆様の良きパートナーに立候補しますので、ぜひご相談くださいね。

ありがとうございます。

床クリーニング 床クリーニング

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料