お役立ち情報

汚れ、ニオイがつく前に! 冷蔵庫は予防掃除がおすすめ

2016年5月13日

汚れ、ニオイがつく前に! 冷蔵庫は予防掃除がおすすめ

冷蔵庫を開けると何とも言い表せないニオイに思わず、冷蔵庫を閉めてしまったという経験はありませんか?

冷蔵庫から放たれるニオイの原因は食べ物や汚れです。
できるなら、冷蔵庫は効率的で有効な使い方をしたいと考えられていることでしょう。
今回は、冷蔵庫にこびりついた汚れやニオイの対策について紹介します。

■ニオイの原因はニオイ菌

冷蔵庫のニオイの原因は、食べ物から繁殖するニオイ菌です。
賞味期限が過ぎて腐敗した肉や、冷蔵庫の中にこぼしてしまった食べ物の汁などがニオイ菌の元になります。
調理中に食材を触った手で冷蔵庫を開け閉めすることでもニオイ菌が繁殖することがあります。

■汚れの原因にも

こぼれた食べ物の汁などをそのまま放って置くと、黒カビなどのカビが発生します。
黒い汚れの原因はカビなのです。
カビもニオイを発します。

■ニオイ、汚れ対策5つ

・冷蔵庫の中を掃除する
冷蔵庫内にこぼれてしまった食べ物や汁などはしっかりと拭き取りましょう。
底だけでなく、壁や部品にもニオイがついていることもあります。
レモンの絞り汁には脱臭効果があるため、拭き掃除の際に使用すると効果的です。
また、消毒用のエタノールやキッチン用のアルコールをキッチンタオルに含ませて拭き掃除を行うと、汚れが落ちやすくなります。

・ニオイがきつい食べ物は密閉して保存する
キムチなど香りがきつい食べ物は密閉できる容器に入れて保存してください。
食品をラップで包んだ後に、ジッパー付きの保存袋に密閉するのも良いです。
なるべくニオイが漏れないような工夫をして保存するだけで、冷蔵庫にニオイが残りにくくなります。

・消臭剤を入れる
冷蔵庫のニオイがすでに気になる場合は消臭剤を使いましょう。
冷蔵庫・冷凍庫・野菜室用の消臭剤もあります。
コップに重曹を入れて冷蔵庫に入れても脱臭効果があるのです。

・冷蔵庫にはスペースを空ける
奥のほうに隠れていて、気づいた時にはすでに食品の賞味期限が切れていたということもあるでしょう。
冷蔵庫に保存する際は、詰めすぎずに適度なスペースが必要です。
空気が循環して腐りにくくなるだけでなく、目につく場所に置くことで食品を腐らせることも無くなるかもしれません。

・冷凍庫は隙き間なく詰め込む
冷凍庫は温度差によって霜が付いて鮮度が落ちてしまうこともあります。
それがニオイの原因に繋がるのです。
食材を密閉容器に入れ、隙き間なく詰め込むと鮮度を保ちやすくなります。

汚れ、ニオイがつく前に! 冷蔵庫は予防掃除がおすすめ

 
やはりニオイや汚れが付く前に日頃から定期的に冷蔵庫の掃除、整理をすることが効果的と言えるでしょう。
お掃除シートや消毒用のウェットテッシュなどであれば簡単にふき取りができます。

本来なら新鮮な野菜や肉などは嫌なニオイを発することはありません。
新鮮なうちに使い切るようにしましょう。

 
また冷蔵庫の中の食べ物やこぼれた汁はニオイ菌の原因となります。
汚れは黒カビとなり、これも臭う原因となるのです。

日頃から冷蔵庫の掃除をしておくと、悪臭を発することもありません。
食べ物も新鮮なうちに使い切るようにしましょう。

タップですぐに電話できます 0120-38-2051

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もり