2016年7月20日

試してみたくなるカンタン掃除術~風呂場の水垢編~

お風呂場の掃除は面倒くさいものです。
ついついお風呂場の掃除を先延ばしにしてしまって、気が付くと水垢が色々なところについていた経験はありませんか?
浴槽はもちろん、特に鏡などの水垢はとても取りづらいものです。

そんな「お風呂場の水垢」を簡単に取る方法をご紹介します。

そもそも水垢って何?

そもそも水垢って何?
 

水垢の正体は、水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが堆積して出来たものです。

これらのミネラルは鉄分と似たような成分なので、鏡などの水垢の正体は「カルシウムなどのミネラルがこびりついたような状態」ということができます。

水垢には「クエン酸」を!

水垢には「クエン酸」を!

水垢はアルカリ性で、アルカリ性洗剤や重層を使用しても効果がありません。
そこで使うのが「クエン酸」です。

クエン酸は100円ショップなどでもお掃除用品として取扱いがあります。
これを水に溶かして、霧吹きスプレーで吹きかけます。

そうすることで水垢が分解されて、簡単に水垢が落ちるようになります。

鏡などの場合でも、キッチンペーパーなどを貼り付けてスプレーし、ラップで保湿することでさらに効果が上がります。

また、鏡などの水垢を落とすときに研磨剤とスポンジで磨く方が多いと思います。
しかし、鏡でこれをやると汚れが取れないどころか、水垢が落ちないのに鏡に傷がついてそこに水垢が貯まりやすくなる、という最悪の事態になるので気を付けてください。

もしクエン酸で落ちなかった場合、鏡の汚れをスマートフォンなどで写し、ホームセンターで「この汚れを取るための水垢除去用の洗剤か、スケール除去剤はありますか」と聞いてみましょう。

この水垢(鏡に付着した白っぽい汚れ)は「スケール」と呼ばれるため、スケール除去剤として売られている場合があります。

最終手段、業務用洗剤!

最終手段、業務用洗剤!

クエン酸やスケール除去剤と使っても水垢が取れない場合、とても強力な水垢になっている可能性があります。

こういう時は「業務用」のものを使いましょう。
業務用の洗剤はネットショップなどでも購入できますが、強力な酸性であるなど取扱いは注意しなければいけません。

取扱いに自信が無い場合、素直にプロに頼む方が安全かつスピーディーです。

水垢は放置しておくほど強力になってしまいます。
一度きっちり掃除したら、こまめにクエン酸で綺麗にしましょう。

水垢の原因は水道水なので、お風呂場を使ったら鏡などの水滴を拭き取るか、窓ふきワイパーで水滴をとれば、水垢は発生しません。
日頃から気を付けて、頑固な水垢にならないようにしましょう。

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料