おそうじ革命ブログ

汚れた窓枠に立ち向かう天才クリーニングマン沼澤の実力とは!?

2016年7月21日

ご覧いただいている皆様。
いつもお世話になります_(._.)_
株式会社おそうじ革命の沼澤と申します。

梅雨の盛りな時期ですが、今年の東京は暑過ぎにもならず、ゲリラ豪雨も振らず・・・ただし、利根川水系は水が枯渇しているそうな。

心配ですね(-。-;
何年かに1度は水不足が深刻ですが、今年は台風が発生しないと言う異例の事態だそうです。

でも、自然はどこかで帳尻を合わせて来ますので台風も連続してやってくるかも知れませんね。

話はさておきまして、今日は東京の町田市。

先日独りで住んでいたお父様が他界されて、その住んでいた戸建ての家を貸しに出すそうです。
そのためのハウスクリーニングの依頼でした。

特に気にされていたのはこの茶色く変色した窓と窓枠。
交換するとかなりの高額となるため、クリーニングでできるものなら何とかして欲しいと言う依頼でした。
おそうじ革命ハウスクリーニング窓おそうじ革命清掃窓おそうじ革命窓のお掃除

頼まれるとイヤとは言わない「おそうじ革命」!
既に注文は受けてしまっています(笑)

つまり担当になっている私には逃げると言う選択肢は無く、この茶色い悪魔と闘うしか無いのであります(´-ω-)ウム

大丈夫ですよ、お任せ下さい!
「プロの技」で綺麗に致します(^^)

とは言いましたが、背筋に冷汗が流れるのを感じておりました。
何年かけて出来上がったヤニと油の汚れなのか、ある意味怖くて聞けませんでした(^^;;

古く、汚れで変色した窓枠のクリーニングはリフォーム会社様からの依頼で鍛えられておりますが、なかなかの手間暇のかかる作業でございます。時には心が折れそうになる事もございます。

しかし、遺品整理とまではいかないまでもこの家を思うご家族の気持ちや思い出を考え、やりました!
勇者(私?)は立ち上がりました。
茶色い悪魔と闘いました(笑)
そうしないと帰れませんしw
覚悟を決めて手間暇かけました。

茶色い悪魔との闘いに勝ったのか負けたのか、果たまたドローか・・・。

判定はお客様がするものであり、そこには理由とか基準はございません。
お客様が喜んで頂いてるか否かが基準でございます。
でも手段を尽くして闘いました。
気が付くと日は暮れて薄暗くなっていました。
おそうじ革命ハウスクリーニング窓アフターおそうじ革命ハウスクリーニングキレイな窓

そして
驚きに近い笑顔を見て勝利を確信致しました。
何気に少し確信がありました( * ˊᵕˋ )

良い仕事を終えた充実感に浸りながら、背筋に流れた冷汗も帰りの道では心地よい達成感の汗に変わっていました。

タップですぐに電話できます 0120-38-2051

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もり