2016年7月29日

トイレの“アレ”は汚れ放題!その汚れにハウスクリーニングを

毎日トイレを掃除しているのに、すぐに臭いがしたり、黒ずみや黄ばみができることはありませんか?
それは、市販のクリーニング剤では落としきれなかった汚れがトイレに残ったままになっているからです。
今回はトイレが汚れる原因ハウスクリーニングの必要性についてご紹介します。

トイレがすぐに汚れる原因

トイレは大変複雑なつくりをしています。
そのため、汚れが残っていたとしても簡単に確認できない部分があります。
市販のトイレ用クリーニング剤やブラシはその部分まで届きません。

そのため、市販のものの効果は表面的なものだけとなってしまいます。
そして、掃除しきれなかったその部分に汚れが溜まっていくことで、菌などが繁殖してすぐにトイレが汚れてしまうのです。

では、その複雑な部分とは一体どこなのでしょうか。

頑固な汚れは隠れている!

頑固な汚れは隠れている!

特に汚れやすい部分は「便座のふちの裏」「ノズル」「タンク」の3つです。

・便座のふちの裏
ここが掃除しにくいことは、この記事を読んでいる誰もがお分かりでしょう。
トイレの中でも、特に目を凝らしても見えない部分です。

ここには、市販のクリーニング剤で落としきれなかった尿石がこびりついています。
この尿石は水道水中のカルシウムや尿のタンパク質が混じりあったもの。
非常に頑固で落としづらい汚れです。

・ノズル
細くて小さいノズルは一般のトイレ用ブラシなどでは掃除ができません。
素材が陶器である便器と違って、プラスチックで出来ているノズルは無理に引っ張ると破損する可能性があります。
また、市販のクリーニング剤の気化ガスによって故障することもあるので注意が必要です。

・タンク
タンクの中も垢や黒ずみが溜まりやすい場所。
しかも、水が溜まっている、奥まで手が届かないとい理由から掃除が行き届きません。

また、タンク内の部品のほとんどが樹脂やゴム製でできています。
もし、自力で掃除した場合は誤って部品を傷め、上水不良や水漏れを起こす恐れがあります。

ただ、汚れやすい部分を知ったとしても、トイレやタンクの中に顔を近づけて奥を覗き込みながらお掃除するのは億劫ですよね。

そこで、ハウスクリーニングの出番です。

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング

自力で落とせないトイレの汚れはハウスクリーニングで落とすことが出来ます。
便座のふちの裏をはじめ、ノズルやタンクの中をプロが傷つけることなくクリーニングします。

この他にも、飛び散った尿が付着したトイレの壁や床、ホコリで覆い尽くされた換気扇までキレイに。
そして、便器内コーティングによる除菌仕上げで、水垢や尿石の付着をブロックします。

このように、ピンポイントから全体的にトイレをキレイにするハウスクリーニング。
トイレが清潔でキレイに長持ちするよう、トイレのハウスクリーニングをご利用してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料