2016年8月1日

おそうじ革命ハウスクリーニング床印象が変わる

新居での新生活、できるだけ気持ちの良いスタートを切りたいですよね。
それなら引越しをする前に一度、新居の掃除をしておきましょう。
掃除をすべき場所と方法、そしてチェックしておきたいポイントをご紹介します!

掃除をするタイミング

新居の掃除は、できれば家具や荷物を運び入れる前に行いましょう。
余計なものがないので部屋のすみずみまで掃除しやすいです。

同時に汚れや不具合をチェックしておけば、引っ越し後のトラブルを避けることができますよ。
もし不具合を見つけたら、すぐに大家や管理会社に連絡を。
入居して時間が経過してから発覚した場合、責任を押し付けられてしまうケースもあります。
入居前の念入りなチェックが肝心です。

まずは換気からスタート

新居には、塗装や接着剤の匂いが残っているケースが多々あります。
掃除を始める前に、まずは窓とすべての部屋の扉を開けて空気を入れ換えましょう。
戸建であれば家のドアも開放しておくと、より空気が循環して効率的です。
独特の匂いを減らすことができますよ。

この時には、窓や扉の開閉に問題がないかチェックを。
特に和室のふすまは立てつけが悪い場合があるので、しっかりと確認しておきましょう。

水周りの掃除とチェック

水周りの掃除とチェック

キッチンやトイレ、風呂場などの水周りは入居後にすぐ使用する場所です。

気持ち良く使い始めるためにも、率先して掃除とチェックをしておきましょう。

水が飛び散りやすいので、床よりも先に掃除をしておくほうが効率が良くなります。

水周りの掃除のために、スポンジをいくつか持ちこんでおくと大変便利です。
トイレには水に流せる除菌シートを使いましょう。
一拭きしておくだけで安心して使うことができますよ。

水周りでチェックしておきたいポイントは、何より「水漏れがないか」ということ。
また「悪臭がないかどうか」も今後の生活に大きく影響するので、チェックしておきましょう。

床・壁・天井の掃除とチェック

床・壁・天井の掃除とチェック

続いて、床・壁・天井の掃除とチェックをしていきます。
掃除には固くしぼった濡れ雑巾を使い、部屋全体を拭いていきましょう。
特に床は新居であっても汚れている場合があるので、すみずみまでしっかりと拭いておくことを忘れずに。
ただし家具を置く可能性がない場所は、引越し後でも掃除しやすいので比較的かんたんな掃除でOKです。

床・壁・天井でチェックしておきたいポイントは「傷やへこみがないか」ということ。
もし大きなものがあった場合はカメラで撮影して、大家や管理会社に連絡しましょう。

害虫対策は入居前が効率的!

害虫対策も掃除と同様に、荷物を運び込む前の実行がおすすめです。
家具や衣類を汚す心配がなく、すみずみまで一度にできるので大変効率的です。
噴射タイプの害虫駆除剤を使えば、部屋全体の対策が可能となりますよ。

ただしマンションやアパートの場合は、事前に駆除剤を使用しても良いか尋ねておきましょう。
ノンスモークタイプのものを選ぶと比較的安心です。
駆除剤の説明をよく読み、掃除の計画にプラスしてくださいね。

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料