2016年8月6日

黄ばみもシミもスッキリ!? 壁紙の効果的な掃除方法

家の壁紙はなかなか掃除しにくいものです。
黄ばみやシミなどがある場合、どうすれば壁紙を傷つけずに効率よく汚れを落とせるのでしょうか?
気になる壁の汚れを落とすテクニックを紹介します。

黒っぽい汚れや油汚れ

黒っぽい汚れは、ホコリやススが壁に貼り付いてしまった状態。
また、キッチンまわりは茶色っぽくベタベタと油で汚れてしまいがち。

こういった汚れは、メラミンスポンジに水を含ませて落とすようにしましょう。
また、クリームクレンザーで丁寧にこすることでキレイに落とすことができます。
ただし、壁に細かい傷が付いてしまうことがあるので、用心しながら優しくこするようにします。

汚れが落ちたら水拭きし、そのあと乾いた布で拭き上げればOKです。

マジックやボールペンなどの汚れ

マジックやボールペンなどの汚れ
 
らくがき汚れなどは、弱アルカリ洗剤クリームクレンザーを試してみましょう。

それで落ちなければ、エタノールを布に染み込ませて軽く拭いてみてください。

除光液はクロスを傷めてしまう可能性があるので避けたほうが無難です。

壁紙が白いクロスの場合は、塩素系漂白剤を染みこませてから拭き上げるという方法もあります。
ただし、洗剤が強い場合は、壁紙が傷んだり色落ちしたりしてしまうおそれがありますので注意。

洗剤を目立たないところで試してから掃除に使うとよいでしょう。

「セスキ炭酸ソーダ」を活用

セスキ炭酸ソーダ」という粉末でも、壁の汚れやシミを落とすことができます。
コップ1杯に対し、小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かしたスプレーを用意しましょう。

このスプレーを汚れに吹きつけて、数分なじませます。
それから、ぬるま湯でしぼった雑巾で、トントン叩くように優しく拭きます。
こうするだけで汚れが劇的に落ちて、壁紙を白くすることができます。

粉末状のセスキ炭酸ソーダは、100円ショップやホームセンター等で手に入れることができます。

タバコのヤニ汚れ

タバコのヤニ汚れ

タバコのヤニなどの汚れは水溶性ですので、軽めの汚れならアルカリ性洗剤でこすれば落とせます。
スプレータイプのものが使いやすく、汚れも落としやすいでしょう。

ガンコなヤニ汚れには、漂白洗剤か、エタノールを使いましょう。
これらを使う場合は充分に換気をするように気をつけてください。

ただし、ヤニ汚れは時間が経てば経つほど壁に染み込んで落としにくくなってしまうもの。
部屋で喫煙をする人は、普段からこまめに掃除をするよう心がけておきたいものです。

普段の床掃除のついでに、壁もこまめに拭いておけば汚れにくく清潔ですね。
壁を掃除する際は、強くこすると壁紙が傷ついたり破れたりしてしまうので、優しく服用に気をつけましょう。

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料