お役立ち情報

ホコリに注意!照明器具お掃除のポイント

2016年9月4日

ホコリに注意!照明器具お掃除のポイント

照明器具も定期的に掃除する必要がありますが、掃除をする上では取り外し方や表面の洗い方などのコツを理解しておくことが大切です。
そこで今回は、照明器具をお掃除する上でのポイントをご紹介していきます。

シェードの取り外し

内部が密封されている照明器具(アクリル製の天位照明など)は、まずは外側のシェード(球の外側を覆っている筒状のパーツ)を取り外す必要があります。
密封されている照明器具の場合、シェード内部に大量のホコリや虫の死骸が溜まっている場合があります。

そのためシェードを半分ほど外し、掃除機で内部の汚れを吸い取った後に外すようにしましょう。
ものによっては取り外しの際に内部の汚れがこぼれ落ちてくることもあるので、下に新聞紙などを敷き、マスクを付けて作業すると安全です。

シェード別の掃除方法

○アクリル製・ガラス製のシェード
アクリル製やガラス製のシェードは水拭きが可能なので、タオルなどをぬるま湯に付け表面を水拭きします。
そして仕上げに乾拭きしましょう。
頑固な汚れの場合は、中性洗剤を利用すると効果的ですよ。

○金属製のシェード
金属製の場合も水拭きが可能なので、アクリル製・ガラス製と同じように掃除しましょう。
しかし、金属製の場合は水分が残っているとサビてしまうので、乾拭きは徹底して行うことをオススメします。

○メッキ製のシェード
メッキ製やメッキ加工されたシェードは、水拭きすると表面の色が落ちてしまうことがあります。
そのため、基本乾拭きのみで掃除することをオススメします。

○紙・布製のシェード
和室などで使用される紙、布製のシェードは、形を崩したり変色させたりするため水拭きは基本NGです。
叩きなどを使いホコリを落として掃除しましょう。
頑固な汚れの場合は、ブラシなどで擦り汚れを落としていきます。

電球(蛍光灯)の掃除方法

電球(蛍光灯)の掃除方法

電球(蛍光灯も含む)は電源を切って取り外します。
電球の表面はガラスですので、タオルなどをぬるま湯に付け、表面を水拭きし仕上げに乾拭きします。

このときに電球の口金部分は濡らさないようにしましょう。
口金部分が濡れると漏電の原因となります。

濡れてしまった場合は乾拭きして1時間ほど放置して、しっかりと乾いた上で差込口に戻すようにします。

照明器具の掃除期間

照明器具が汚れていると明るさが20%ほど落ちてしまいます。
また、内部が密封されたタイプですとホコリや虫の死骸が溜まり異臭の原因ともなるので、最低でも半年に1回は取り外して掃除することをオススメします。

照明器具は意外にも汚れが溜まりやすい部分です。
忘れがちな照明器具の掃除ですが、清潔にしておくためにもご紹介したポイントを参考に定期的に掃除してみてはいかがでしょうか。

タップですぐに電話できます 0120-38-2051

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もり