2016年9月8日

秋は掃除に最適!効率良くするためのスケジュール法

暑さも和らぎ窓を開けても寒くない秋こそ、掃除に適していると言われています。
日常的に掃除をしていても、思うようにキレイにならないと悩んでいる人もいるでしょう。
そこで今回は、効率よく掃除をするためのスケジュールの立て方をご紹介していきます。

毎日掃除するところをリストアップ!

まずは毎日掃除すべきところをリストアップしてみましょう。
台所のシンク内やトイレ、お風呂掃除や掃除機かけなど、これだけは毎日やるべきというところを書き出してみます。
これをもとに、1週間単位で手をかけて掃除していく場所をスケジュールに組み込んでいくことで、無理なくキレイなお部屋を保つことができるのです。

週に1回掃除するところは?

毎日掃除する場所をリストアップしたら、週に1回くらいはきちんと掃除したい、というところを挙げてみましょう。
例えば、お風呂の床の隅や冷蔵庫内の整理と掃除、洗濯機内外の拭き取りなどが挙げられます。
週に1度掃除をする場所がどのくらいあるかによって、毎日の掃除にバランスよく組み込んで行きましょう。
また、曜日を決めて「月曜日はここを掃除する!」という決まりを作っておくと忘れにくいのでオススメです。

月に1回掃除したいところは?

月に1回掃除したいところは?

毎週掃除するほどではないけれど、放っておくと後が大変、という場所は月に1回の掃除で汚れも落としやすくなります。
キッチンやトイレ、お風呂の換気扇がいい例です。

大掃除のときにまとめてやってしまおう、と考えている人も多いですが、月に1度のお手入れを習慣にすることで、大掃除の必要がなくなります。

特にキッチンの換気扇は油汚れが固まってしまう前に掃除をすることで、頑固な汚れもスルッと落とすことができます。

また、トイレやお風呂の換気扇のホコリをこまめにとることで、空気が上手く循環するようになるでしょう。

ほかに掃除すべきところはどこ?

意外と見落としがちなのが玄関の下駄箱内や、キッチンの食器棚の中の掃除。
下駄箱内はホコリやゴミが溜まりやすく、こまめに掃除をすることが理想です。

雨が降ったあとや湿気が多い日が続くと、下駄箱内にも湿気が溜まりやすくなってしまいます。
天気のいい日を選び、換気をするとともに溜まったホコリやゴミをキレイに掃き出してあげましょう。

また、キッチンの食器棚の奥の方にもホコリが溜まりやすいです。
パントリーなどの食品庫を活用されている家庭も多いと思います。
賞味期限切れのものがないか、など2か月に1度は掃除を兼ねてチェックするといいでしょう。

今回は、効率よく掃除をするためのスケジュールの立て方をご紹介しました。
効率良く掃除をするひとつの方法として、参考にしてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料