お役立ち情報

くすんでない?ピカピカの鏡を維持する掃除方法

2016年9月9日

くすんでない?ピカピカの鏡を維持する掃除方法

家のあちこちに鏡があるという家庭も多いでしょう。
しかし、掃除をしてもすぐにくすんでしまうことも珍しくありません。
そこで今回は、ピカピカの鏡を維持する掃除方法を紹介します。

水垢が気になるお風呂の鏡

お風呂掃除のついでに鏡を磨いていても、すぐに水垢でくすんだり湯気で曇ったときに汚れが気になる、という人も多いでしょう。
お風呂の鏡の掃除の方法はいくつかありますが、水垢に効果的な方法を紹介します。

水垢には酸性のものが有効と言われています。
ミカンの皮を使ったり、酢水で絞った布で拭くことで水垢をキレイに落とすことができます。
鏡全体を拭いたら必ず乾いた雑巾などで、仕上げ磨きをすることもポイントです。

クエン酸も効果的で、最近ではドラッグストアなどでクエン酸を購入することもできます。
水にクエン酸を溶かしたものを使用してもいいでしょう。

手垢が気になる姿鏡

手垢が気になる姿鏡

全身がチェックできるものや上半身だけのものなど形はさまざまですが、姿鏡はいつもピカピカにしておきたいですよね。
姿鏡は手垢が付きやすく、ホコリも気になります。

この手垢をキレイにするには重曹が有効です。
重曹を水に溶かしたものを少量布に含ませ、手垢が気になるところを中心に磨いていきます。
汚れが落ちたらこちらも最後に乾拭きしましょう。

また、ホコリは静電気によってすぐに鏡に付着することもあります。
それを防ぐには柔軟剤を使うのが有効です。
柔軟剤を少々水に溶かし、固く絞ったもので拭き最後に乾拭きで仕上げます。

洗面台は手垢と水垢の両方!

洗面台も水垢や手垢が付きやすい厄介な場所です。クエン酸と重曹の2つを溶かした水を使用してもいいですが、もっと手軽に行うには新聞紙がオススメです。
新聞紙をクシャクシャに丸め、しっとりする程度の水分を含ませて鏡全体を拭き取りましょう。

あまり水分が多すぎると拭き筋が残り、新聞紙のインクが落ちてしまうこともあるので注意が必要です。
汚れが落ちたら乾いた新聞紙で磨くように拭きとっていきましょう。

また、化粧品の汚れが付いていて新聞紙では落としにくいという場合は、中性洗剤を使用するか、メイク落としを少量使っても落とすことができますよ。

汚れが気になる前にこまめに掃除をするように意識をすれば、新品と同様なキレイな鏡を維持できるはずです。
ご紹介した方法を取り入れて、日々の掃除に活かしてみてはいかがでしょうか。

タップですぐに電話できます 0120-38-2051

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もり