お役立ち情報

和室の「塗り壁」や「しっくい壁」の正しい掃除方法

2016年9月18日

和室の「塗り壁」や「しっくい壁」の正しい掃除方法

土やケイソウ土で塗られた「塗り壁」やしっくいで塗られた「しっくい壁」などは美しさもさることながら、高い湿度調整機能を持つことも注目され、近年非常に需要が高まっています。

しかし塗り壁やしっくい壁は掃除方法を間違えると壁が欠けてしまったり、色が変わってシミになってしまうという可能性も。
正しいお掃除方法を覚えて、美しい状態を維持していきましょう。

ケイソウ土系の塗り壁の掃除方法

ケイソウ土系の塗り壁は水拭きができます。
しかしケイソウ土がどのくらいの割合で配合された壁なのかわからない場合、シミなどを予防するためにまず目立たないところで水拭きをして様子を見てみましょう。

掃除の方法としては、まずハタキでホコリを落としていきます。
汚れの特に気になる部分には「消しゴム」や「練り消しゴム」を利用し、汚れを落としていきましょう。
消しゴムで消えない汚れは、布に中性洗剤を染み込ませてふき取っていきます。
洗剤でも改善しない場合には、漂白剤を使い拭くのもOK。
ただしゴシゴシ強く力を入れると壁の欠けやヒビの原因になってしまうため、優しく丁寧にケアを行っていきましょう。

砂壁の掃除方法

和室に多い砂壁は表面が凸凹しており、ホコリがつきやすいです。

しかし水拭きをすると剥がれ落ちてしまったりシミになる場合も多いので、ハタキでホコリを取り除いたり、掃除機でホコリを吸い取りケアを行っていきましょう。
汚れのひどい箇所は、練り消しゴムなどで薄くしていきます。
左官壁ではありませんが、和室の和紙貼り壁なども水拭きはもちろんNG。
ハタキや掃除機などで、こまめに掃除をしていくことが大切です。

しっくい壁の掃除方法

しっくい壁の掃除方法

しっくい系の壁も水拭きをすることができますが、洗剤は使わずに掃除をしていくようにしてください。

まずハタキでホコリを落としたら、汚れの気になる部分に消しゴムをかけていきます。

水拭きではなかなか汚れを落とせない場合には、サンドペーパーで軽く削り落とすのもOKです。

引っかき傷などは霧吹きで水をかけ、なじませていく方法を試してみましょう。

塗り壁掃除の注意点

色のついた壁に対して部分的な掃除を行うと、そこだけが白っぽく色が抜けてしまうことも。
必ず目立たない部分で様子をみてから行っていきましょう。

また年月が経って色が変わっている塗り壁の場合は、掃除を行うことでその部分だけがキレイになりすぎて浮いてしまうこともあるので注意が必要です。
他の部分との調和を意識しながら掃除してください。

また消しゴムは左官壁の効果的な掃除方法ですが、あまり強く擦りすぎると塗りが剥げてしまうリスクも。
完璧に汚れを落とそうと思わずに少しずつ汚れを薄くしましょう。やりすぎは厳禁です。

おしゃれで保湿調節の機能にも優れた「塗り壁」や「しっくい壁」。
正しいお掃除方法を実行して、いつまでも美しい状態をキープしていきましょう。

タップですぐに電話できます 0120-38-2051

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もり