お役立ち情報

天井や壁など汚れやすい場所のキレイを保つ「お掃除頻度」

2016年9月19日

天井や壁など汚れやすい場所のキレイを保つ「お掃除頻度」

家や部屋を美しく保つために必要不可欠な「掃除」ですが、毎日全ての場所を完璧に掃除するのは大変で実行するのは難しいですよね。
キレイなお部屋を保つためには、どの場所をどのくらいの頻度で掃除していけば良いのでしょうか。
家の中で見落とされがちな場所と、必要な掃除頻度について紹介していきます。

リビングの掃除

「リビング」は家族が集まって会話を楽しんだりする場所ですので、できる限り清潔に保ちたいものです。
ここは最もホコリや汚れが発生しやすい場所で、床に落ちるホコリや髪の毛はダニを増殖させアレルギーの原因にもなってしまうため小まめな掃除を心がけてください。
汚れが気になった時には床用のワイパーをかけ、3日に1度は掃除機をかけるようにしていきましょう。

また天井や壁・照明の笠・タンスやエアコンの上などにもホコリやゴミは付きやすいもの。1週間に1度は伸縮するワイパーなどを使い、ホコリや髪の毛を絡め取るように取り除き掃除をしていくと良いでしょう。

廊下や階段の掃除

ホコリがすぐに溜まってしまう廊下や階段は、やはり3日に1度は掃除機をかけたい場所。
角の部分などにはホコリが入り込み掃除機では吸えないことも多いため、1週間に1度はワイパーや雑巾などを使って細かなところのホコリや汚れを落としていきましょう。

トイレの掃除

ニオイや水アカなどが溜まりやすく、壁の汚れも目立ってしまう「トイレ」。
毎日寝る前に厚手のトイレお掃除シートなどで軽く掃除をするようにすると、ニオイ対策にもなりますし、壁などの汚れも簡単に落とすことができます。
壁や床・便座掃除を1枚で済ませられるシートを使い、気になるところはその場で掃除をしてしまいましょう。
日々掃除をしていれば、洗剤での掃除は1週間に1度程度でOKです。

お風呂場の掃除

天井や壁など汚れやすい場所のキレイを保つ「お掃除頻度」

お風呂場は水アカやカビが繁殖しやすい場所です。
掃除を怠ると家中のカビの汚染源になってしまう可能性もあるため、なるべく「使ったら掃除をする」を徹底したい所です。

シャワーや入浴後には、バスタブ・床や壁に洗剤をスプレーし軽く洗い温水で流します。
その後に冷水シャワーで浴室の温度を下げ、最後に換気をするようにすればOKです。
時間の無い時には、壁や床に温水シャワーをした後冷水シャワーをかけるだけでもカビの発生率を抑えることができます。

またお風呂場の「天井」も、1週間に1度はきちんと掃除をしてください。
カビなどの原因菌は天井から浴室内に落ちて広がるため、柄の長いモップや床用の伸縮ワイパーなどに塩素系洗剤を付けて天井に塗っていきましょう。
10数分経ったらシャワーで水をかけ流します。その後乾いたモップやタオルなどで水分を拭き取れば完璧です。
汚れやすい排水口の周りは、月に1度漂白剤で掃除をすればキレイを長く保てます。

なかなか時間が取れず定期的に掃除ができないという人も、汚れやすい部分を把握し適度な頻度で掃除をしていれば短時間でも家のキレイを保っていくことができます。
できるだけ掃除の頻度を守り、効率良く部屋の美しさをキープしていきましょう。

タップですぐに電話できます 0120-38-2051

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もり