2016年9月26日

これなら簡単!手間なし節電生活のコツ

毎日の家事で節電したいなら、まずは簡単なものからはじめましょう。
少しのコツを覚えて実践するだけで毎月の電気代を減らせます。
日々の積み重ねが大事で、毎日少しの節電がひと月、1年になると大きいのです。

掃除編

日ごろから物を片付けておくことが大事です。
物を出しっぱなしにしているとホコリも溜まり、掃除機をかける時に効率が悪くなります。
掃除機は電力を多く使う機械のため、かける回数を少なく、時間も短くが理想です。
スイッチを入れたら一度も途中で中断することなく、全ての場所を一筆書きの要領でかけられることが理想です。

普段の汚れは掃除シートを使うのも良いでしょう。
掃除機をかける前に物を定位置に片付けて、掃除機がスムーズに動かせるようにしておきます。
掃除シート、掃除機共に床に物が何も転がっていない状態にしてからかけるようにしたいものです。

掃除機のフィルターは使うごとに掃除して効率をよくしておきます。
フィルターが汚れていると吸引力が大幅に落ちて余計に電力がかかります。
紙パック式の場合には早目の交換を心がけましょう。

洗濯編

洗濯編
家族の人数やライフスタイルでも洗濯量が違ってきますが、少ない量で何度も洗濯をするのはムダが多いです。
電力と共に水や洗剤もムダにつながります。

節電を考えるなら、洗濯の回数を最小限にしましょう。
汚れのひどい物はあらかじめつけ置き洗いをしてから洗えば、他の洗濯物と分けて洗わなくても大丈夫です。

ただし、回数を少なくしたいあまり洗濯機に目いっぱい詰め込むと汚れは落ちません。
容量の8分目程度の量で洗うときれいに洗えます。

洗濯内容を設定できるなら汚れに合わせて洗濯時間を短くする、すすぎを1回で済ませるなど工夫しましょう。

場合によっては手洗いだけで済むなら電力がかからず経済的です。
お風呂に入るときに、靴下や下着などはお風呂のお湯で洗ってしまえば手間もなく、汚れ落ちも抜群で洗濯が片付いてしまいます。
習慣化するのもおススメです。

電力プラン

電力のプランで、時間帯割引を利用した方が得な場合には変更を考えてみましょう。
電力会社のHPでシュミレーションができますから、我が家に合うプランが見つかります。
同じ電力量を使うとしても時間帯の工夫で家庭によってはかなり違ってきますよ。

知らずに使い放題使ってしまえば電気代は増えてしまいます。
手間もいらずにちょっとしたコツを実践するだけで節電できるなら頑張ってみませんか?
まずは工夫してできることから始めてみましょう。

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料