おそうじ革命ブログ

浴室で気になるカビ!対策法を伝授します。

2016年11月2日

浴室で気になるカビ!対策法を伝授します。

ここ最近とても寒くなってきましたね。
あーほんとに寒い!
そんな日は、ぽっかぽっかお風呂に浸かって
ほっかほっかになりたいですね。

皆様は湯船に浸かる派ですか?
それともシャワー派?
ちなみに私は両方です。
その日の気分です。

申し遅れました。
おそうじ革命の伊勢崎と申します。
ご観覧くださいましてありがとうございます。

ところで皆様、浴室で1日の疲れを洗い流し
心も体も癒やしている時
ふと目に付く黒い汚れ!

んっ なんだろう カビかなぁ

なんか気になっちゃいますね~

カビが発生しやすいのは20℃~30℃で
20℃以下でも生育出来ちゃうみたいです。
栄養源は体から洗い流された皮脂や垢
湿度60%を超えると繁殖しやすく
閉めきった浴室なんかはカビが繁殖するには最適です。
空気中のカビを吸い込んでしまうと
喘息や肺炎を引き起こしてしまう
原因になるそうです!

げ~ 嫌ですね~ やっつけたいですね~

天井のカビを取らないと、いつまでもカビが
わいてくる原因になるそうです。
天井のカビは付着したまま菌糸が伸び続けて成熟すると
繁殖の為に胞子を撒き散らすみたいですよ。
また洗い流された皮脂が湯気に乗って
カビの栄養源となるらしいです。

なんか気になって色々調べてしまいました。

予防するのが1番なんですが皆様が出来る簡単な対策としては
45℃以上の温水を壁にかける
カビもやっつけられるし
飛び散って壁に付いた皮脂や垢も流せます。
ただ天井に温水をかけるのはやめてください!
間違えて自分にかけて火傷してしまったら大変です!
なら天井どうすればいいの届かない!ってお困りなら
クイッ○ルワイパーやモップ等で天井を拭くだけでも違います。
換気扇があるのなら回すのも良いです。
ドアはしっかり閉めてくださいね。
その方が空気の流れが速くなりますので
カビの胞子が空気中に漂うのを防げます。
少し面倒ですがお風呂上がりに水分を拭き取るってのも有効ですよ。
おそうじ革命ハウスクリーニング浴室天井カビ予防のキモ

そうじゃなくて今いるカビをなんとかしたい!
っていうならおそうじしてください。
パッキンに付いた黒カビなんか
ほっといたらカビは殺せても色が残っちゃいますよ。
浴室クリーニング、扉下、作業前

なんとかして!っていうなら
おそうじ革命にお任せください。

幸せなバスタイムをお届け致します。

タップですぐに電話できます 0120-38-2051

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もり