お役立ち情報

イヤな生ごみのニオイを予防してきれいなキッチンを保とう!

2016年11月24日

イヤな生ごみのニオイを予防してきれいなキッチンを保とう!

生ごみを放置しておくとイヤなニオイがしてきますよね。
季節によっては放置しておくと小バエが発生してしまうこともあります。
美味しいごはんをつくるはずのキッチンに生ごみのニオイが充満しているのは気持ちのいいものではありませんので、ニオイ予防をしておきたいですよね!
今回は生ごみのニオイを防ぐための方法をご紹介します。

生ごみは濡らさないように!

生ごみのニオイは、水分を元に雑菌が繁殖してしまうことが原因です。
キッチンに三角コーナーなどを置いて生ごみを捨てている場合、食器洗いをしたときなどに三角コーナーが濡れてしまうとニオイが発生しやすくなってしまいます。
三角コーナーはただちに撤去して、生ごみは水気を切っておくようにしましょう。

新聞紙と重曹でニオイを予防しよう!

生ごみのニオイ予防に効果的な方法は、新聞紙と重曹を使うこと。
その日に出た生ごみをすべて新聞紙の上に乗せ、重曹を大さじ1杯程度上から振りかけて、新聞紙でくるんでしまいます。
ゴミの日までまだ日にちがあるというときは、その新聞紙をさらにビニールに入れてキュッと口をしばってゴミ箱に捨てましょう。
生ごみの水分を吸ってくれる新聞紙と、消臭効果がある重曹のおかげでニオイが発生しにくくなります。

おがくずをゴミ箱にひとつかみ!

ゴミ箱に捨てた生ごみのニオイが気になってきたら、おがくずをひとつかみふりかけてみてはいかがでしょうか。
たったこれだけのステップでもニオイを抑えることができます。
ゴミ箱にゴミ袋をセットするときに、あらかじめおがくずを入れておいてもいいと思いますよ。

エタノールでゴミ箱を清潔にしておこう!

エタノールでゴミ箱を清潔にしておこう!

ゴミ箱にゴミ袋をセットして使っているとしても、実は汚れがゴミ箱にとんでいたり、雑菌が発生してニオイが発生したりしていることもあります。

ですから、ゴミの日にゴミを捨てたら、その都度エタノールでゴミ箱を掃除しておきましょう。

消毒用のエタノールや掃除用のアルコールはドラッグストアで手軽に買うことができますし、雑巾にスプレーしてゴミ箱をサッと拭くだけでいいので簡単です。

イヤな生ごみのニオイですが、ちょっとひと手間かけるだけで意外と簡単に予防できます。
もちろん、こまめに生ごみを捨てるのが一番の対策ですので、できるかぎり溜め込まないようにしてくださいね。
玄関のドアを開けたときに生ごみのニオイがお出迎え、なんてことは避けられるはず。
キッチンに立つのもおっくうにならなくなって、料理をするのも楽しくなることでしょう。

タップですぐに電話できます 0120-38-2051

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もり