2016年12月8日

difference

「ハウスクリーニング」と「家事代行」、どちらも依頼のあった家庭を訪問し、掃除を行うサービスです。このふたつには、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれのサービス内容と、上手な使い分け方をご紹介します。

専用の道具を持ち込みプロが行う「ハウスクリーニング」

ハウスクリーニング業者は、日常の掃除では行き届かないレベルでの徹底クリーニングを行います。派遣されるのは、豊富な経験を持つハウスクリーニング専門スタッフです。業務用の洗剤や機材を持ち込み、プロならではのクリーニングを提供してくれます。

家の中全体をクリーニングするサービスだけでなく、エアコンやバスルーム、カーペットなど、特に汚れやすい箇所に限定したクリーニングサービスも用意されています。

その仕上がりは、一般人が自ら行う掃除とは段違い。価格もそれなりに高額になっており、一般家庭で日常的に依頼するのには少しハードルが高いと言えるでしょう。

家庭内の道具で日常的な掃除を行う「家事代行」

掃除のプロが業務用ツールを用いて行う「ハウスクリーニング」に対し、家事代行サービスによる掃除では、各家庭にある一般的な道具を用います。それゆえに、仕上がりも日常の掃除と同じレベルと言っていいでしょう。

また、家事代行のサービス内容は掃除だけではありません。派遣された家庭で必要とされる家事、例えば、買い出しや料理、洗濯から子どもの送迎まで、一般家庭の主婦が日常的に行っているような家事業務全般を幅広く請け負います。ハウスクリーニングとは違い、掃除に特化したサービスではないのです。

時給制の「家事代行」と成果制の「ハウスクリーニング」

家具の拭き掃除や床の掃除機がけなど、日常的な掃除を行ってくれる家事代行サービスは、依頼者に代わり、必要とされる家事を「契約時間内で」請け負います。

時間の延長も可能ですが、基本的には、契約した時間内でこなせるだけの家事と掃除を代行します。いわば、時給制の清掃サービスとも言えるでしょう。

対してハウスクリーニングは、ある程度の時間の目安はあれど、依頼された箇所が徹底的に綺麗になるまでクリーニングを行います。ハウスクリーニングは、成果制の清掃サービスなのです。

定期的に「家事代行」、年に数回「ハウスクリーニング」がおすすめ

ハウスクリーニングと家事代行は、依頼を受けた家庭を訪問し、清掃を行うという点においては同じですが、そのサービス内容は異なります。

毎日の家事や掃除が充分に行えない場合には、家事代行を依頼。年に数回の大掃除の際にはハウスクリーニングを依頼し、手の届かない場所やプロによる掃除が必要な場所を徹底的に綺麗にしてもらう……といった使い分け方がおすすめです。

ハウスクリーニングサービスと家事代行サービス、両方の特徴をきちんとつかみ、上手に活用しましょう。

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料