2017年1月1日

filter

夏も冬も一年を通して活躍してくれるエアコンですが、きちんとお手入れをしていますか?特にフィルターはエアコン掃除の代表的なポイント。フィルターをキレイに掃除しておくことは電気代の節約にも繋がります。では、どんな手順で掃除をしたら良いのか、正しい掃除方法をご紹介しましょう。

エアコンのフィルターが詰まってしまうと

エアコンは、部屋の中の空気を本体に吸い込み、適温にしてから再び吐き出すという装置です。フィルターは、本体へ空気を取り入れる際に、故障の原因となる埃を吸いこんでしまわないよう、せき止める役割を果たしています。

このため、放っておけばフィルターにはどんどん埃が付着してしまうもの。もし詰まってしまうと、本体へスムーズに空気を取り込めなくなってしまい、部屋を暖めたり冷やしたりする効率が落ちてしまいます。

さらにエアコンは、うまく空気が取りこめていない状態でも設定温度を守ろうと動くため、どんどん電力を消費してしまいます。そのため通常より電気代がかかってしまうかもしれません。また、騒音や嫌な匂いの原因になってしまう可能性もあります。

フィルターの正しい掃除方法

こういったトラブルや電力の無駄を省くためにも、エアコンのフィルターは欠かさずに掃除していきたいものです。実は、その掃除方法も特別面倒ではありませんので覚えておきましょう。

1.エアコンのパネルを開け、周辺を軽く掃除機で吸い取る

こうすることで、フィルターを外したときに埃が落下することを防げるでしょう。掃除機のノズルをスキマ用のものやブラシ付きのものに取りかえることで楽々行えます。お持ちの掃除機を調べてみましょう。

2.フィルターをゆっくり取り外し、掃除機で埃をしっかりと吸い込む

ポイントは、フィルターの外側から掃除機をかけるということ。埃は外から内に向けて侵入しようとするので、内側から吸い込もうとすると逆に詰まってしまうことがあります。

3.中性洗剤とブラシでしっかり汚れを落とす

網目に沿ってこすり、隅々までキレイにしましょう。埃が取れたら、シャワーなどを使ってよくすすいでください。水をかける際は掃除機と反対で、内側からかけてあげると詰まらずにキレイになります。タバコのヤニやベタベタが気になるときは、水でなくぬるま湯をかけるようにしてください。

4.よく乾燥させる

なるべく陰干しで、フィルターを傷めないように乾かしてあげましょう。乾ききったら本体に取り付けてフィルター清掃は完了です。

エアコンのフィルターを掃除する時の注意点

フィルターは柔らかく、痛みやすい部品です。無理に引っ張ったり強い力で捻じ曲げたりすると破損してしまう可能性があります。こすり洗いをする際は、網目を傷めず清掃できる柔らかめのブラシを使用しましょう。中性洗剤は薄めて使う、水をかける際は弱い水圧でかけるなど、常に取り扱いには気を配るようにしてください。

また掃除は定期的に行うのがおすすめです。少なくとも1か月に1回、できれば2週間に1度は行うようにすると、エアコンを常に正常な状態に保つことができます。

エアコンのフィルターは家庭でも簡単に掃除ができる代表的な部分。普段からの掃除が大切ですが、特に夏が来る前、冬が来る前はしっかりと掃除をして、電気代も節約しましょう。正しい掃除方法で部屋の温度を効率的にコントロールしてください。

 

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料