2017年5月17日

ペットシッター

現在の日本はペット大国のようです。

私達が、お掃除で現場に入るお家のほとんどがペットを飼育されてます。

日本のペット産業や、飼育の実態はどうなんでしょう?

そして、今回現場で出会ったペットシッターさん(ケアペッツ)のすごいところを綴ります。

1-ペットを取り巻く状況

ワンコはペットとして何頭飼われているのか?

→1034万頭

ニャンコはペットとして何頭飼われているのか?

→995万頭

ワンコの平均的な寿命は?

→14歳

ニャンコの平均的な寿命は?

→14歳

昭和58年のワンコの平均寿命は7歳と言われてます。

ということは犬の高齢化率は45%ですね・・・

2―ペット飼い主の高齢化の問題あり

日本は高齢社会ですね。

そこで近年問題となっていることが、飼い主がやむを得ずペットを手放す事例が目立つことです。

手放す原因が「飼い主の高齢化」のようです。一昔前では考えられないことが現社会では起こってしまっているようです。

3-ケアペッツとは

ペットに関する多くの問題を解決するために立ち上がった会社がケアペッツです。

「動物福祉の追求」を掲げ、様々な事業を行っているようです。

サービスの種類は以下です。

①動物看護師によるペットシッターサービス

②動物看護師による訪問介護・看護サービス

③24時間対応ペットの救急車

他にも色々と手掛けてますので一度ホームページを見てください。

まとめ

私もペットを飼ってます。

自分のペットが急に体調不良になったり

または私が数日家を空けないといけないとき

信頼してお願いできるところがないな・・・と思いました。

旅行に行くときなど、一度ケアペッツさんを利用させて頂きます。

「全員が動物看護師」というのは安心です。

 

 

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もりは無料