2017年7月31日

今年も早いことに、半分が過ぎようとしています。梅雨に入っても梅雨らしくない天候になっています。7月頭は猛暑になると気象庁が発表していました・・・・この時期になりますとエアコンが大活躍してますよね!僕は、ご飯を食べに行っても、買い物にいっても、何処に行ってもエアコンをチェックしてしまいます・・・・職業病ですかね?
越谷大袋店の吉沼です。
そろそろエアコンが活躍する季節に突入しますね?
そして、今年は猛暑と言われています!
そんな季節に、暑さと熱傷対策にはエアコンが不可欠な電化製品となっています。
皆さん、経験はないでしょうか?
久々にエアコンの電源をONにしたら、酸っぱいというか、とにかく嫌な臭いがただよってきたって事は?エアコンを使用したくても、嫌な臭いを部屋中にまき散らしたくはないですよね?・・・・・
そこで、今回はエアコンの臭いの原因&対策方法をご説明させていただきます!!
エアコンの悪臭原因を調べました!
エアコンの嫌な悪臭の主な原因です。
①カビ
②タバコ

③キッチンの油や食べ物の臭い

④人の汗や、ペットの臭い
⑤生活臭
などがあげられています。
こうして見ますと、人間が生活している限り、エアコンの悪臭は切っても離れない運命と言っても良いかもしれません。
どうしてこのような現象が起こるかというと、それはエアコンの構造上の関係で汚れてしまいます。
エアコンは、空気を吸い込んで吐き出すという仕組みになっています。人間と同じですね!
この時に、空気だけでは無く部屋の中の汚れも一緒に吸い込んでしまってるのです。これが少しずつエアコンの内部に溜まっていき、あの不快な臭いの原因となっているのです。
でも、ここで疑問が??
なぜ、冬場の暖房を使い始めた時には悪臭が気にならないのに、夏場のエアコン運転で冷房、除湿機能に切り替えると、あの独特の臭いが出てくるのでしょうか?
これもまた、エアコンの構造上に問題があります。
冷房や除湿機能を使用する時にエアコン内部では水が発生します。
この発生した水がホコリとくっつくことによって、内部でカビが繁殖し、あの不快な臭いを作り出してしまいます。
冬場の暖房運転時に不快な臭いを感じないのは、暖房使用のさいには水が発生しないからです。
汚れた布巾なんかがそうですよね?
湿っているときは臭いますが、乾くとあまり臭いは気になりませんよね。同じような現象がエアコン内部で起こっているというわけです。
当然ですが汚れが溜まったまま使い続けると、部屋中に悪臭だけではなく、ホコリやカビの胞子をバラまくことになりますし、エアコンの効きが悪くなります。最悪はエアコンから水漏れしてくる事も
臭いの元をやっつけろ!!エアコンおそうじ方法
エアコンから不快な臭いがする! こうなると解決方法はただひとつですよね!!そう☆エアコン内部のおそうじになります。
もちろん、おそうじ革命に頼んで頂きエアコン内部洗浄してもらうのが一番でしょうが、なにぶん料金が掛かってしまいます。
なので、自宅でできる簡単なおそうじ方法を紹介していきたいと思います。まずは、簡単な所から!!
①エアコンの外部を、水で濡らして固くしぼった雑巾で綺麗に拭きましょう。(ヤニで黄ばんでいる時は、濡らした雑巾にマジックリンを付けた少しづつ拭きましょう)
②エアコンのフィルターをおそうじしましょう。
この時に、大体の方がエアコンのコンセントを入れたままで行っていると思いますが?面倒でもコンセントを一旦抜いておきましょう
故障・事故を防ぐことになります。
フィルターに付着したホコリは掃除機で吸い取りましょう。掃除機で吸い取れないときは、使用済みの歯ブラシを使ってやさしく落としていきましょう。ちょっとしたコツとして掃除機をかけるときはフィルターの外側に面している部分からかけると細かいホコリで目詰まりするのを防げます!
洗うときは、シャワーで掃除機とは逆の部分から洗うと効果的です。マジックリンと歯ブラシで優しく洗ってください。(十分に水気を取ってください)

③吹き出し口とルーバーのおそうじです。

エアコンの風が出てくる吹き出し口とルーバーですが、ここも汚れがたまりやすい場所になります。ライトを当てて見て下さい。カビが生えていませんか?

必ず、この部分をおそじする時はコンセントが抜けているかを確認してから作業を行ってください。急に電源が入ると指が巻き込まれたり雑巾が絡まって事故・故障の原因になりますので!

歯ブラシ、固くしぼった雑巾か布巾を指に巻きつけて汚れをかき出すだけです。

ただし、吹き出し口・ルーバーはメーカーによって動かせないタイプもありますので無理に力を入れずに丁寧にゆっくりと扱ってください。破損の原因になります。(分からないときは、おそうじ革命にて洗浄を依頼してください)

ワンポイントアドバイスです!!

エアコンのカビは夏場に発生しますので、家を空けるときにタイマーで暖房を1時間~2時間セットして内部を乾燥させることでカビの予防になります!!(ペットが室内にいるときはさけてくださいね)

タップですぐに電話できます 0120-38-2051

受付時間:8:00~20:00

LINE
お見積もり