2018年1月31日

こんにちは、大阪支部の西崎です。

毎日寒い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしですか?

関東地方では大雪が降り、今年は例年以上の寒さのようですね。

そんな寒い中でも私たちは、毎日バイクでお客様のところへお伺いさせていただいています!!

最近ご依頼が多いのがキッチンなので、今日はキッチンのシンクの掃除方法についてお伝えしたいと思います。

 

■普段の掃除方法

洗い物を済ませた後に台所用洗剤とメラミンスポンジでシンク全体と排水口を磨き、水で洗い流した後、水分を乾いた布巾で拭きとってください。

シンクに水分を残しておくと石鹸カスや水垢がついてしまうため、普段から掃除をして頂くとキッチンの汚れが蓄積し難くなりますよ

 

■シンクに汚れがついてしまったら

シンクに白くザラザラした汚れがついてしまってなかなか取れない、という方も多いのではないでしょうか。

この白っぽい汚れの正体は水垢か石鹸カスです。

水垢は水に含まれるミネラルと食品等に含まれるカルシウムの成分が結合して固まってしまったものです。

石鹸カスは水のミネラル分と食器用洗剤が結合して付着したものです。

水垢と石鹸カスは見た目はあまり区別できませんが、水垢はアルカリ性で石鹸カスは酸性なので、汚れの落とし方も違ってきます。

 

■水垢の落とし方

先ほどお伝えしたように水垢はアルカリ性なので、酸性の洗剤で落としていきます。

今回はクエン酸を使用してみましょう。

クエン酸と水を混ぜたもの(水100mlに対しクエン酸小さじ1/2)を作り、汚れている個所にスプレーし1~2時間放置します

その後、メラミンスポンジ等で擦れば汚れは落ちてゆきます。

それでも落ちない場合はキッチンペーパーにクエン酸水をつけて汚れている箇所をパックし、2~3時間放置後スポンジで汚れを落としてみてください。

 

■石鹸カスの落とし方

水垢をクエン酸水で落としたのにまだ白い汚れが残っている場合は、石鹸カスが付着している可能性が高いです。

石鹸カスは酸性なので、アルカリ性の洗剤である重曹を使用します

シンクに重曹をまんべんなくふりかけて1時間ほど放置し、その後スポンジで擦り、水で洗い流して汚れを落としてください。

 

■排水口のヌメリ汚れ

排水溝のヌメリ汚れはカビや雑菌が付着したものです。

排水口は重曹とクエン酸の両方を使用して汚れを落としていきます

掃除方法は排水口に重曹をまんべんなくふりかけ、その上からクエン酸をかけていきます。

そしてぬるま湯を少しかけていくと重曹とクエン酸が反応し発泡します。

そのまま30分ほど置いた後、水で洗い流してください。

 

実はシンクの掃除だけでも結構手間がかかるものなんです。

ちょっと自分では面倒だとか、時間がないなど、そんな時にはおそうじ革命までお気軽にご連絡ください。

キッチンがキレイになると家事も楽しくなりますよ!

 

【キッチン作業箇所】

 シンクまわり清掃作業

 料理台清掃作業

 ガス台(ガステーブル)清掃作業

 ガスコンロ清掃作業

 グリル引出のみ(扉・焼網・皿)清掃作業

 上下戸棚表面清掃作業

 天袋表面清掃作業

 照明清掃作業

 蛇口清掃作業

 窓ガラス(室内側のみ)清掃作業

 前面・側面の壁清掃作業

 

 【作業料金】

 Sサイズ(1.3mまで)  12,420円

 Mサイズ(2.8mまで) 16,200円

 Lサイズ(4.5mまで)  18,360円

 

 キッチンや台所のピンポイントクリーニング】※金額Lサイズまで

 シンク+調理台清掃作業    3,780円

 戸棚上下表面清掃作業   3,240円

 戸棚上下内部清掃作業   3,780円

 壁面清掃作業       3,780円

 ガス台清掃作業      8,640円

 魚焼きグリル清掃作業   5,400円

 冷蔵庫表面清掃作業    3,240円

 冷蔵庫内部清掃作業    6,480円

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料