2018年4月6日

1.はじめに

4月に入り、新生活をスタートさせた方も多いと思われます。進学や就職、あるいは単身赴任などで引っ越しされた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

4月は移動の季節です。街中には引っ越し業者のトラックがあちこちに停まっており、人が旧居を後にし引っ越していく様を見ていると、2018年にも春が訪れたことを実感します。

この季節、おそうじ革命で最も注文が多く入るメニューはずばり、「空室クリーニング」です。空室クリーニングとは、読んで字のごとく「空きになった部屋の清掃」のこと。引っ越したあとのお部屋のお掃除のご依頼が一年で最も多くなります。

部屋の住人がいなくなったあと、オーナーさんはその空き部屋を新たな人に貸すなり売るなりをしなければなりませんが、新たに入居を希望されている人に掃除のされていない状態の部屋を見てもらうのと、隅々までピカピカになった状態の部屋を見てもらうのとでは成約率に雲泥の差があります。
お部屋のオーナーさんにとって空室クリーニングとは、「物件の価値を左右する」といっても過言ではないほど重要な作業といえるでしょう。

今回の記事では、一般的な業者が採用している空室クリーニングの料金相場と、作業の内容についてと、弊社おそうじ革命が実施している空室クリーニングサービスの内容について、ご紹介させていただきたいと思います。

2.一般的な空室クリーニングの相場

空室クリーニングを請け負っているハウスクリーニング企業は数多く存在し、1部屋あたりの金額もピンからキリまで存在します。1R数千円で請け負っている企業もあれば、3LDKだと10万円を超える企業も存在します

同じ空室クリーニングですが、なぜ業者によってこれほどまでに金額の開きがあるのでしょうか?それは、請け負ってくれる内容に違いがあるからです。

1部屋数千円で請け負ってくれる業者さんは、1日で数部屋をお掃除しないと儲けが出ませんので、1部屋あたりにかけられる時間が限られてきます。なので、あまりしっかりとお掃除してはもらえません。具体的な話をすると、キッチンの焦げ落としやお風呂鏡のウロコ落としなどの時間がかかる作業は作業内容に含まれていない場合がほとんどです。基本的に「パッと見て綺麗」レベルのお掃除がメインですので、しっかりとした汚れ落としは期待できないといえます。
大きな社員寮や学生寮、新築マンションなどを所有している会社や学校、マンションオーナーさんは1部屋当たりのクリーニングにかかる金額が少なくなりますので、こういった業者さんを選ぶ傾向にあります。
安く請け負ってくれる業者さんは、ホームページや広告などで宣伝していないパターンもあります。街の不動産屋さんなどはこういった業者さんにパイプがある場合が多いので、安い業者さんを探しているオーナーさんは不動産屋さんに斡旋してもらうことも多いようです。

逆に、中古物件を購入しこれから売りに出そうと考えているオーナーさんや、これから入居されるのに空室クリーニングを検討している方は、それなりに金額はかかりますが、キレイにしてくれる業者さんを選ぶ場合が多い傾向にあります。
1ルーム2~4万円ほどで請け負ってくれる業者さんは、上記しましたキッチンの焦げ付きや油汚れ、浴室鏡のウロコや石鹸カス汚れなども1日かけてしっかり綺麗にしてくれます。その他、ベランダや玄関などの外回りの清掃、扉やスイッチ周りなどの建具清掃もしっかりと行ってくれるほか、床ワックスも2枚塗り(1度塗って乾かしたあとにもう1枚塗ること。ワックスの強度と光沢が増す)してくれるなど、物件の価値を再度高めてくれるレベルの作業をしてくれます。
こういった業者さんは大手のハウスクリーニング企業がほとんどです。テレビCMや折り込み広告のほか、ホームページやSNSなどでWeb営業をしている業者さんは自社のブランドイメージがありますので、作業前の説明から保証にいたるまでしっかりと対応してくれます

安く請け負ってくれる業者さん、それなりに金額がかかるけれどとても綺麗に仕上げてくれる業者さん、どちらも一長一短がありますので、自分の目的に合った業者さんを選ぶのがベストといえます。

3.おそうじ革命の空室クリーニングパック

弊社おそうじ革命でも、空室クリーニングを請け負っております。
おそうじ革命の空室クリーニングは「本物のプロのお掃除」をモットーに、隅々まで綺麗に仕上げ必ず満足いただけるクリーニングをご提供させていただいております。

具体的なサービスの話をさせていただきますと、まずベランダや玄関まわりは水洗いと洗剤による洗浄を行います。窓サッシはホースとブラシを用いて溝に入り込んだ粉塵やゴミを洗い流し、窓ガラスは専用洗剤で汚れをしっかり落としたあと、ホースで水洗いして水切りでしっかりと洗浄します。窓ガラスは時間によって差し込む光の角度が変わりますので、何度かチェックを行って一点の曇りもない状態まで仕上げます

水まわりのお掃除も徹底的にさせていただきます。
キッチンはコンロまわりの焦げ付きをアルカリ洗剤で分解し、専用のスポンジで焦げを剥がします。通常の業者さんではやらないような五徳や魚焼きグリルの隅、壁面に付いた油の玉などもしっかりと削り取ります。キッチンシンクは研磨剤とスポンジで、表面の汚れと水による変色を削り落とし、綺麗な下地を露出させて新品同様に仕上げます。排水口内部は塩素洗剤でつけおきし殺菌したあと、こびりついたヘドロやカビなどもブラシを使って隅々まで綺麗に落とします。

浴室はカランや扉周り、壁面についた水垢や石鹸カス、鏡に付いた水垢のウロコをしっかりと時間をかけて落とします。換気扇・換気口はカバーを外し、表面についたホコリやカビを落とします。その他、天井や床、排水口などもキッチン同様専用洗剤で綺麗に汚れ落とし&除菌仕上げさせていただきます。

トイレは便器の内側の黄色いカチカチ汚れ(尿石)を酸性洗剤で綺麗に分解します。尿石はニオイの元となる不快な汚れですが、これも通常のトイレクリーニングメニュー同様、便座を分解し隅の方までついた汚れまで徹底的に落とさせていただきます。その他、ウォシュレット、換気口、手水鉢、収納、ペーパーホルダー、扉などの建具、壁面のホコリ汚れにいたるまですべて綺麗にさせていただきます。

おそうじ革命の空室クリーニングは床清掃にもこだわりがあります。通常の業者さんの場合、床の掃除機掛けを行った後水拭きし、乾いた後にワックスを塗るパターンが多いのですが、この場合ですと水拭きの際にゴミが落ち、その上に塗ったワックスのなかにゴミが混じってしまいます。ワックスにゴミが混じると強度や光沢が落ちてしまいますが、おそうじ革命の場合はこの掃除機掛け→床拭きのあとにもう一度掃除機をかけるというひと手間を加えますので、ワックスにゴミが混じりません
また、使用するワックスも最上級の光沢・強度を誇る樹脂製ワックスを採用しております。弊社で採用しているワックスは不揮発分(乾いたあとのワックスのこと)が非常に高密度ですので、人が歩いて摩耗してしまうのを大幅に抑えることができます。

また、キッチンのレンジフード内部やお風呂のエプロン内部、換気扇の分解清掃などは空室クリーニングパックには含まれておりませんが、オプション作業として承ることも可能です。隅々まで新築同様に綺麗にしてから住みたい!とお考えの方、ぜひこれらのオプションもご利用くださいませ。

4.まとめ

■おそうじ革命の空室クリーニングパック料金表
1R~1K 25㎡まで 2か所まで 21,600円
1DK 35㎡まで 2か所まで 30,240円
1LDK~2DK 45㎡まで 37,800円
2LDK~3DK 65㎡まで 54,000円
3LDK~4DK 80㎡まで 64,800円
4LDK~5DK 90㎡まで 75,600円

おそうじ革命では、バイク便の使用や道具の洗練で大幅なコストカットを行い、低価格&高品質を実現しております!リピート率80%を誇るおそうじ革命の空室クリーニングをこの機会にぜひご利用くださいませ!

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料