【新メニュー】10月1日より光触媒KESKIN(ケスキン)のコーティングサービスがスタート!”塗っておくだけでキレイが続く”、夢のようなコーティング剤、KESKINのご紹介です!|ハウスクリーニングのフランチャイズ おそうじ革命

こんにちは!KIREI produce広報の荒川です!

みなさんは光触媒って言葉をご存知ですか

なんとなーく耳にしたことはある、ってな人もいるのではないでしょうか。

 

僕もそのクチでした。光触媒と聞いても、「あー、光触媒ね。なんか先進の科学技術の粋を集めた人々の暮らしを照らす21世紀型のイノベーション的なことでしょう?」、とそれっぽいキャッチフレーズのような漠然としたイメージしか湧いてきませんでした。

実生活を送ってても、光触媒のことを誰かとディスカッションしたりなんて機会もありませんでした。なのでそれくらい漠然としたイメージで事足りてました。

 

ですが、先日ついに、光触媒について勉強しなければならない機会が訪れてしまったのです。

なんと、おそうじ革命が「光触媒KESKIN(ケスキン)」なるもののコーティングを新メニューとしてリリースするというです!

そして、この僕に「光触媒KESKINについて、消費者向けの詳しい記事を書いてくれ」と白羽の矢が立ってしまったのです。

 

というわけで、今回の記事では新商品「光触媒KESKIN」とはいったいどのような物なのかを、僕の付け焼刃の光触媒に関する知識とともに、なるべくわかりやすくご説明させていただこうと思います!

 

 

 

新メニューその③
光触媒KESKIN(ケスキン)コーティング


まず最初に、光触媒とはいったいなんなのか。

どうやらケミカルな用語の感じがしまが、とりあえずwikipediaで検索をかけてみましたところ、以下のような定義を得ることができました。

 

 

光触媒(ひかりしょくばい、: photocatalyst)は、を照射することにより触媒作用を示す物質の総称である。また、光触媒作用は光化学反応の一種と定義される。

通常の触媒プロセスでは困難な化学反応を常温で引き起こしたり、また化学物質自由エネルギーを増加させる反応を起こす場合がある。

 

 

うーん、なんのこっちゃ。

まず出だしの「光を照射することにより触媒作用を示す」、ここでもともとあやふやだったイメージが雲散霧消して脳みそが考えるのをやめてしまいます。

 

 

 

 

しょうがないので、今度は触媒について調べてみましたところ、

 

 

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう[1]。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである[2]。今日では、触媒は英語では catalyst[1]、触媒の作用を catalysis[3] という

 

 

との回答が。ますますよくわからん…。

 

まぁ、要するに「光を当てることでなにかしらの物質を変化させ、反応が終わった後は元通りに戻ってくれる物質」ってな意味合いですかね?

 

 

 

 

 

と、思ってましたら、研究.netさんの研究用語辞典に、以下のような説明がありました!

 

 

【光触媒とは】
光触媒は、太陽や蛍光灯などの光によって働くようになる触媒です。
光触媒は、光があたることで強い酸化作用が発生し、有害化合物や細菌などを分解するという性質をもっています。代表的な光触媒として、酸化チタンが知られています。

 

 

んなるほどぉ~、やはり光を当てることで物質を反応させる効果がある触媒、ということなようです!

いやぁ~、ひとつ賢くなりました。

 

 

 

光触媒”KESKIN(ケスキン)”とは?

光触媒についてだいぶ学習できました!賢くなりました。

では、このたびおそうじ革命が扱う光触媒”KESKIN”とは、いったいどのような製品なのでしょうか?

 

KEKINは、株式会社TWOさんが開発した、スプレータイプの光触媒コーティング剤です!(公式ホームページ:https://kes-kin.com/

キッチン、トイレ、お風呂、ベッドルーム、リビングの床など室内のあらゆる場所に使用することが可能とのこと!

塗布するだけでKESKINが室内の光を察知し、酸化作用で汚れの分解や細菌の殺菌を行ってくれるとのこと!すごい!優れものです。

 

KESKINには従来の光触媒製品と大きく違う点がいくつかあります。

まず、接着剤を使用しておりません!従来の光触媒製品の多くは、製品を定着させるための接着剤を使用していたのですが、KESKINには接着剤は含まれていないとのこと!

接着剤を酸化チタンに混ぜるということは酸化チタンが接着剤に覆われてしまうため、光を受ける量が少なくなってしまいます

KESKINでは、その接着剤を排除したことにより、従来の光触媒製品に比べて光を受ける面積が大きく、その分触媒効果も高くなっているとのことです!

 

しかも!KESKINには銀イオンが含まれており、この銀イオンの働きでなんと、暗闇でも効果を発揮するとのこと!

ええ~!?光触媒なのに、もはや光すらいらないのか…。おそるべし、光触媒KESKIN…。

 

 

さらに、KESKINには「超親水性」という大きな特徴もあります!

水などが浴室の壁などにぶつかると、水滴の表面張力などで水が玉になるのですが、玉になった水はそのまま乾いて「ウロコ汚れ」などに変化してしまいます。


写真:付着した水の乾燥によってウロコ汚れなどが付着してしまった浴室鏡と壁

KESKINコーティングをした壁面は、この水の表面張力を殺す働きがあります。

すると、水および水に含まれる汚れは、壁に付着せずスルスルとまるで滑るように床へ落ちていってしまうのです!

つまり、KESKINを塗っとけば汚れを勝手に分解してくれるだけでなく、そもそも汚れにくくなる!ということなんですね。いや~驚いた。

 

KESKINに含まれる酸化チタンは、「有機汚れ」の分解に高い能力を発揮してくれるとのこと!

有機汚れといわれてもピンと来ない方が多いかと思いますが、お部屋の中の有機汚れはざっとあげるだけでも油汚れ、カビ、人の皮脂・髪の毛、石鹸カス(脂肪酸)、酵母汚れ、花粉などのハウスダスト、ヤニ、etc…。と、これだけ存在します。

KESKINはこれらの汚れをスプレーするだけでCO2やH2Oに分解してくれるというんですから、とんでもないシロモノです。

なんというか、科学の進歩は日進月歩、なんて箸にも棒にもかからないコメントが出てくるばかりです。

 

その他、KESKINにはもっともっとたくさんメリットがあります!

全部書いてたら夜が明けてしまいそうですので…詳しいことはKESIKINのホームページでごらんください

 

 

光触媒KESKINコーティングサービス

で、長々とKESKINの魅力について語ってしまいましたが、ここからが本題です。

なんと、今度の10月1日から、おそうじ革命がクリーニングでピカピカにした箇所にKESKINをコーティングさせていただく「光触媒KESKINコーティングサービス」がスタートするのです!

プロの技術で一点の汚れもなくなったお風呂やキッチン、トイレなどにKESKINをコーティングしたとしたら…。汚れを分解したり、ウイルスや細菌をやっつけてくれるKESKINです。ずーっと長い事キレイが続くこと請け合いです!

 

〇トイレ 15,800円(税込)
〇浴室 31,320円(税込)
〇トイレ+浴室セット 43,200円(税込)
〇リビング KESKINコーティングのみ1,350円/1㎡

※KESKINコーティングはハウスクリーニングとセットでの提供となります。

 

 

いかがでしたでしょうか?光触媒KESKINとおそうじ革命のクリーニングが夢のコラボレーションです♪

「世界中をKIREIに」「KIREIを世界共通語に」「ずっとKIREIがつづく空間を作りたい」をスローガンとして掲げるKIREI produceにとって、KESKINの開発はまさに天啓でした!

 

また、KESKINは花粉やハウスダストなどのアレルゲン物質も水や二酸化炭素に分解してくれるとのこと!年々ひどくなる春先の花粉対策にも効果的です♪

なんでしょう、掃除屋としてはちょっと複雑な気持ち…。なーんてちょっとだけ思ってしまいますが、とにかくこのKESKIN、とっても素晴らしい商品です♪

すでにたくさんの方からKESKINコーティングについてのお問い合わせやご予約をいただいております!

KESKINコーティングにご興味のある方、ご予約をされたい方は、おそうじ革命本部および各加盟店へ、電話やメールなどでお問い合わせください♪

※なお、一部店舗では承れない場合がございますので、必ずお電話やメールにてお問い合わせください。

 

光触媒KESKINコーティングについて問い合わせてみる

光触媒KESKINコーティングついてWEBで問い合わせてみる