【梅雨がベストタイミング!】「窓ガラスのお掃除は梅雨にやるべし!」その理由とは…?|簡単!キレイ!窓ガラスのお掃除術|ハウスクリーニングのフランチャイズ おそうじ革命

 

こんにちは!KIREI produce広報部です。

7月も3分の1が過ぎまして、関東は梅雨真っ盛り。ここ数日は太陽も顔を見せず、曇天か小雨の日が続いております。

今年の梅雨は太平洋高気圧よりもオホーツク海高気圧が優勢とのこと。日本列島全体に冷涼な空気が流れ込んでいるらしく、この涼しい気候は7月下旬まで続くという予想が出ています。

今日(12日)から明後日にかけては本州付近に暖かい空気が流れ込むとのことで多少暖かくなる見込みですが、そのあとしばらくはまた涼しい日が続きそうです。

 

弱い雨や肌寒い風が吹いてなんとなくパッとしない天気がつづいておりますと、なんだか気も滅入ってしまいますよね。

日照時間が少ないと、脳内にあるセロトニン・トランスポーターというたんぱく質が減少するとのこと。”幸せホルモン”と呼ばれるセロトニンを回収する作用のあるセロトニン・トランスポーターが減ってしまうと、抑うつ的な気持ちになったり、睡眠時間が変化したりなど身体にも変調をきたすそうですよ。

お日様の出ている時間の少ない冬場になんとなく気分が乗らなかったりする日があるのはそのせいなんだとか。

 

曇りや雨の日ばかりで気分が乗らない梅雨。お掃除に対してもあまりポジティブな姿勢になれない季節ですよね。

でも、ご存知でしたか?梅雨は窓ガラスをお掃除するのにうってつけの季節ということを!

え?雨が頻繁に降る季節に窓掃除って正気なの?と思われるかもしれませんが、「窓掃除は雨の日にすべし」、これは我々ハウスクリーニング職人業界では割と常識です。むしろ、天気のいい夏場のほうが、窓掃除は大変だったりするのです!

 

今回の記事では、夏本番を迎える前、梅雨だからこそやっておきたい窓掃除について書かせていただきました!

 

 


「雨の日こそ窓掃除」、いったいどうして?

先ほどお話したとおり、窓ガラスのお掃除をするなら、圧倒的に雨の日の方が向いています。

理由はとってもシンプル、ずばり湿気が多いからです!

湿気が多いと窓のお掃除にどういったいい影響があるのかと言いますと、

■汚れがガラスから剥離しやすくなっている

■晴れの日にくらべガラス面が乾きにくいので水拭き・乾拭きがしやすい

■お隣やご近所に気兼ねなく水を使える

といったことが挙げられます。

 

反対に、晴れの日は窓のお掃除にあまり向いていません。

■水拭きや乾拭きをした端から乾いてしまうので綺麗になりにくい

■湿度の高い日にくらべて乾燥しているので汚れが落ちにくい

■窓ガラスやベランダ床の照り返しが想像以上に過酷

といったことがあるからです。

 

もちろん、大雨のなか必死になって窓掃除をする必要はありません。洗った端から雨で汚されますし、第一危険です

傘を差さなくても平気なくらいの小雨の日か、雨があがった直後がねらい目です!

 

 


簡単!キレイ!片づけラクラク!新聞紙で窓のお掃除

小学生の頃、学校で年末の大掃除の際、窓ガラスのお掃除担当は毎度先生から新聞紙を渡され、寒い中バケツの水に浸した新聞紙で窓を拭かされていました。

手はかじかむし、寒いし、教室や廊下は窓ガラスだらけだし、冬休み前にどうしてこんなツラい目に遭わなければならないんだと、窓ガラス掃除の担当になった年は毎年心の中でグチグチ文句を垂れてました。

特に一番意味がわからなかったのが「新聞紙で窓を掃除しろ」という先生の言葉。どうして我々だけ古新聞紙なんてゴミで窓を掃除させられなきゃならないんだ、と。先生は、ちょっとおかしいんじゃないかと。みんなが雑巾やモップなど尋常な、清掃効率のよさそうな掃除用具を使っているのに対し、窓ガラスの掃除だけは新聞紙。これはもしかして教育における、何か重大なメッセージなのでは?

二十余年経ってようやく理解できた先生のメッセージ、それは「新聞紙は窓ガラスをお掃除するのにもってこいの素材」ということでした。

 

新聞紙がなぜ窓ガラスのお掃除に適しているかというと

■素材の目が粗いため汚れをよく絡めとってくれる

■新聞紙に使われているインクは艶出しの効果がある

■雑巾やクロスに比べて繊維が残らない

■使い終わった新聞紙はゴミに捨てられるので片づけが楽

といった理由が挙げられます!

 

お掃除の仕方はとっても簡単!

①新聞紙と水を張ったバケツを用意する(新聞紙は水拭き用と乾拭き用に分けておく)

②バケツの水に新聞紙を浸す

③軽く絞った新聞紙で窓ガラス全体を拭く

④乾いた新聞紙で乾拭きをする

⑤カドや隅などは汚れが残りやすいので、最後にカド・隅をもう一度乾いた新聞紙で拭く

 

使い終わった新聞紙はゴミ袋にまとめて捨てれば、お片付けの手間もほとんどありません!

ここまでくると、窓を拭くために新聞紙が作られたのではと考えてしまうほど。窓掃除に新聞紙は超・うってつけなのです!

 

☝ワンポイントアドバイス

使い終わった濡れ新聞紙は、そのままベランダ床にばら撒いて箒で掃いてみましょう。

新聞紙がベランダ床に落ちている塵やホコリを絡めとって綺麗にしてくれます!

 

 


おそうじ革命はこうやっている!本格・窓ガラスのお掃除

おそうじ革命の窓ガラス清掃は「お部屋に自然な明るさを取り戻す」をモットーに、しているかどうかはわかりませんが、とにかく仕上がりに絶対の自信を持って作業させていただいております。お客様から「窓ガラスがなくなったみたいな透明感!」と、ありがたいお言葉をよくかけていただくことが誇りです。

作業時間は1枠あたり1~2時間程度、小さいものですと30分ほど。ガラス面両面と枠、上下左右のサッシまでしっかりとお掃除させていただきます。

おそうじ革命では、以下のような工程で窓ガラスのお掃除をしています。

 

 

①養生作業

洗浄水や汚水で窓ガラス周辺を汚さないよう、ビニールを被せたり、必要なものは移動したりして養生します。

 

②窓枠・サッシの洗浄

ブラシを使って窓枠やサッシの間に溜まった汚れを掻きだします。

ゴミがなくなったら洗剤をかけてブラシでこすり、流水(ホースが使えない場合は拭き掃除)でこびりついた汚れを洗い流します。

 

③ガラス面の洗浄

流水でガラス面全体のゴミを洗い流します。

その後、洗剤水を染み込ませたシャンパー(窓ガラス掃除専用の道具)で窓ガラスについた汚れを丁寧にこすり落としていきます。

汚れの除去が終わったら、再度流水で洗剤水・汚れを綺麗に洗い流します。

 

④スクイジー(水切り)作業

スクイジー(窓ガラス用の道具。T字カミソリのような形をしていて、先端にゴム片がついている)で窓ガラスに残った水気をとっていきます。

窓ガラス掃除のもっとも重要な部分といっても過言ではない作業です。

スクイジーには手順があり、水を切る方向を計算しながら作業しないと、切った水が残って跡になったりします。スクイジーの使い方ひとつにその作業員の職人レベルが出るというものです。

 

⑤仕上げ

ガラスに汚れが残っていないかをチェックし、手直しをしていきます。

窓ガラスは光の入り方によって見え方が異なります。昼間気づかなかった汚れが、夕日の入る時間になると見えてくることもあります。

おそうじ革命では、正面、下方、右から、左から、近景、遠景の6つの視点で窓ガラスの仕上がりをチェックします。

 

⑥お掃除完了

以上の5つの工程を経てお掃除完了となります。

窓ガラスは透明ゆえ、ちょっとした汚れでも残っていると気になるもの。

おそうじ革命では作業はもちろんのこと、チェックにも十分に時間を使い、文字通り一点の曇りもない窓ガラスに仕上げます。

 

 


 

いかがでしたでしょうか?

梅雨時期の窓ガラス掃除、ちょっと億劫ですけど試してみる価値は十分にあるかと!

雨が降って汚れちゃうかも…。なんて心配もあるとは思いますが、汚れたらそこだけまた新聞紙で拭けばいいのです!

おそうじ革命の窓ガラスクリーニングで一度徹底的に綺麗になさったあと、日常的には新聞紙でメンテナンスする、なんてのも賢いやり方かもしれませんね♪

気になった方は、ぜひご相談くださいませ!

それではまた次回!

 

 

 

 

 

 

 


【お知らせ】

弊社代表、福井智明がこの度本を出版いたしました!

題して「はじめてのお掃除起業」!

福井智明が作り上げてきたおそうじ革命の歴史がこの一冊に!

ハウスクリーニングや清掃ビジネス、家事代行業で独立・開業を志す方必見の「宣伝戦術」、「リピーター獲得法」も掲載!

見どころは「【祝!出版!】KIREI produce代表、福井智明の著作が出版されました。「はじめてのお掃除起業」、ハウスクリーニングで独立を目指す方必携のバイブルが完成!その内容に迫ります。|ハウスクリーニングのフランチャイズ おそうじ革命」にまとめさせていただきました!ご参照くださいませ♪

 

<書籍情報>
はじめてのお掃除起業 著:福井智明

出版社:自由国民社
発売日:2019年6月26日
価格:¥1,500+税
ISBN-10:442612526X
ISBN-13:978-4426125264
Amazon販売ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/442612526X/ref=cm_sw_r_cp_api_i_VK-gDbRTDVF5T

■内容紹介
「KIREI」をお仕事にしたら人生が変わった!
初めての人でも結果を出せて幸せになれる「お掃除起業」のしくみとノウハウを、ゼロからわかりやすく解説。

(目次)
1章 AI時代にも生き残るビジネス 拡大するお掃除市場
2章 「お掃除起業」ならあなたも年収1000万円稼げる
3章 あの部長は「ブラック企業」を辞めて「ピカピカ起業」で成功した
4章 脱サラして成功する人、失敗する人
5章 お客さん集めからリピーター作りまで教えます
6章 これであなたもお掃除職人! プロの道具の揃え方
7章 達人の「キレイのスゴ技」を教えます
8章 年収300万円、500万円、1000万円…あなたはどのコース
9章 お掃除起業であなたの人生が180度好転する