アレルギー対策ハウスクリーニング

アレルギー体質の方は以下のような悩みがあると思います。

  • 鼻水やくしゃみが止まらない。
  • 皮膚の乾燥や、ブツブツ・赤みなど・・・。
  • 目がかゆくなる。
  • 寝ている時、鼻閉に伴う口呼吸、そして口の渇きで目が覚めてしまい寝れない。
  • 息子が喘息持ちに・・。

などなど・・・

アレルギー体質で、色々な悩みを持たれている方が多い世の中です。
その中でも悩みの多いアレルゲンは、「ハウスダストアレルギー」と言われております。
上記の症状も殆どがハウスダストですね。
ハウスダストとは??
埃、チリ、ダニ、ダニの糞や死骸、繊維クズ、食べカス、猫や犬(ペット)の毛やノミの糞や死骸、人の髪の毛・フケ・垢、花粉、タバコ煙粒子、工場の煙、自動車の排気ガス、カビ・・・。
実際に数えるといっぱいありますね。
アレルギーの対策は色々ありますが、お掃除をして清潔な環境を作るだけでも、多くのアレルゲンを解消できます!

ハウスクリーニングで対策

これからずっとアレルギーの事は考えたくない!という方

一般家庭の定期清掃がおすすめです!
おそうじ革命の定期清掃は、タイムサービス形式になり、毎回お客様のご要望通りに相談しながらサービスを実行しますので、ハウスダストの除去をメインにお掃除することも可能です!

お問い合わせはこちら

アレルギーに関する豆知識

生活から見える原因

お部屋の空気内に浮遊する細菌やカビ

浴室や台所、押入れなど、高湿度エリアにカビが発生していたら、その胞子発散により、お部屋中に浮遊します。お部屋の細菌やカビの胞子もアレルギー症状の原因です。最近の住居は密閉性が高くため湿度も高くなりカビや細菌が繁殖しやすいことも事実です。

犬猫、人間の毛やフケ、ノミダニの糞や死骸

お部屋の埃にはゴキブリなどの糞や死骸、犬猫人間のフケや毛が含まれており、これらがハウスダストによるアレルギー症状を引きだす原因になってます。そしてハウスダストをほったらかしておくとノミやダニの栄養源となり、更にノミやダニが繁殖し、アレルギー症状が悪い方へと悪循環が始まります。

部屋の中に入った花粉

一言で花粉と言っても、ブタクサやスギ花粉など様々な花粉が存在します。またその花粉もエリアや時期により異なりますが、2月~6月、7月~10月の飛散が多いを言われております。
この時期に、外に干した洗濯物や、開けっ放しの窓から花粉が入って来て、アレルギー症状の原因になります。

カーペットや布団に潜んでいるダニ

一般住宅に一番多いと言われるのは「ヒョウヒダニ」です。
アレルギーの原因となるのは、ヒョウヒの一種で「コナヒョウヒダニ」と「ヤケヒョウヒダニ」です。
室内の埃や、人間や犬猫の毛やフケをエサにして繁殖し続けます。
そしてこのダニの糞や死骸がアレルギーの遠因になります。

ハウスダストが原因の病

喘息

風邪が長引くな・・それって本当に風邪ですか?長引くときは、喘息の恐れもあります。
大人の喘息は、アレルギーによる呼吸器の炎症で、ちょっとした刺激で悪化し呼吸器が狭くなり息苦しくなります。息をするとヒーヒー呼吸音がして咳き込んだり、痰がからんだりする症状がある。

アトピー性皮膚炎

食べものやハウスダストにより発症するアレルギー性の皮膚炎。
赤ちゃんは、頭・顔・耳辺りの皮膚がジクジクし赤くふくれあがり、子供達は肌がガサガサに乾き硬くなります。強いかゆみが出るので、かいてしまい、そこから細菌などが感染し悪化していきます。
だいたい10代中ごろまでに治ることが多いようですが、成人になっても治らなければ、長く続くこともあります。

結膜炎

アレルギーの要因物質が結膜に混入することで、目が充血したり、かゆくなる病いです。
ハウスダストが要因の年中通して起こるものや、花粉などが要因の一過性のものもあります。
またコンタクトレンズの汚れが要因の1つとも言われてます。

鼻炎

アレルギーの要因物質が体の中に入り、アレルギー反応を起こし鼻の内部に炎症が広がります。
急に水のように鼻水が出たり、連続でくしゃみが出たりします。
ハウスダストと花粉が主な原因のようです。

予防方法

花粉を持ち込まない

遊んだり、御買い物したりと人は必ず外出します。
帰宅時、玄関前で洋服についた花粉を払うこと、そして自宅に入ったら、まず顔と鼻の中を洗います。
洗濯物は、できるだけ乾燥機を使うか、室内干しが望ましいです。
お布団を干したら、必ず取り込む前に花粉をよく払い、室内で掃除機をかけてあげるとより効果的です。

犬猫(ペット)の飼い方を考える

犬猫の抜け毛に注意が必要です。抜け毛は一定期間ペットの体に付きまといますので、できるだけ細目にシャンプーをしてあげたり、ブラッシングをして清潔な状態を保ちましょう。

ダニ防止

近年は、ダニ防止の加工が施された布団や毛布があります。またベットシーツなども同様です。
このような防ダニ商品をおすすめします。
また、ダニは50℃以上で死にますので、天気の良い日は布団を干したり、布団乾燥機も効果的です。

湿度と室温をチェック

ダニは室度が高く、湿気が多い場所を好む習性がり、気温25℃前後、湿度70%前後の状態が一番大好きです。最も増えます・・・。
除湿機やエアコンを使用して、室温20℃~25℃前後、湿度50%前後の状態を維持できればダニ防止には一番ベストな状態になります。
また、押入れ、クローゼット、下駄箱など湿気が多いと思われる場所は、こまめに空気の入れ替えをしましょう。

洗濯とお掃除

基本的にホコリの除去を考えましょう。
お布団や床などは毎日掃除機掛けをすると良いと思います。
また玄関マットやトイレや浴室の吸水マット、そしてタオル関係も、こまめに洗濯すると効果的です。

アレルギー体質でお困りの皆様のために様々なサービスをご用意しております。状況にあったお掃除をお選びください。私たちが全力でサポート致します!!

お問い合わせはこちら
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料