お風呂のおそうじは、使う人への気配りを第一に

1日の疲れを癒す場所だから清潔に

「あっ!またはえてきた」と気付いても、落ちないからとついつい放置してしまう黒カビ。
【ジメジメ】と【アカ】が揃いやすい浴室・お風呂場は、彼らにとって繁殖しやすい絶好の環境です。
ご家庭で落としにくい黒・赤カビや水アカなどの汚れも、プロの清掃技術ならば綺麗になるだけでなく、オリジナル洗浄剤による除菌仕上げで安心空間をお届けします!
落としにくい汚れを発見したら、放置する前に、まずおそうじ革命へ相談してみませんか?。

カビは気づかないうちに生えています

浴室・お風呂場には、落としにくい汚れが沢山つきます。
「お風呂場のカビが落ちない」と嘆く人もいるかもしれません。
さあ頑張るぞと意気込みながら洗剤とスポンジでゴシゴシ洗っても落ちずに、放置された黒カビや水アカがクッキリと残ってしまうなんてことも。

例えば、以下のケースでお困りではないですか?

  • 黒/赤カビをキレイにしたい
  • 浴槽についた白いカスが落ちない
  • 床がヌルヌルして大変
  • 忙しくてなかなかちゃんとお掃除できない

おそうじ革命なら、汚れを徹底的にキレイに!
汚れと戦うプロ集団が、心をこめて清掃致します。

日常でできるカビ対策

カビにとって高温多湿は、絶好の繁殖環境。
浴室・お風呂場は、その環境が意図せず整いやすいため、日頃からのケアがとても重要です。
放って置くと、壁の目地や入り隅、床の隅、サッシの周囲などに根を張る黒いカビはアッという間に根を深く伸ばし、広範囲に広がっていきますので早めの対応が求められます。

突然ですが、いつも心がけている対策として何問あてはまりますか?

  • 入浴後、室内に水をかける
  • 体を洗った泡が壁についたら放置
  • お掃除はゴムパッキンもゴシゴシ洗う


実はこれ全部やっちゃダメなことなんです。

オススメ!入浴後に湿気を残しにくい方法

1.浴槽にフタをして溜めたお湯の湯気(湿度)が浴室内に籠らないようにする
2.入浴後、壁に45℃以上のお湯をかける
3.換気をしっかり行う
4.浴槽にお湯をはったままにする場合は蓋をする
5.カビを最小限に抑えるには、最後にタオルなどで浴室内全体をふく

入浴後必ずやってみる項目として考えると、5まではなかなかハードルが高いように思えても、4までは気軽にできるかと思います。
45℃以上のお湯をかけることでそのお湯が蒸発し、水滴が残りにくくなります。
ぜひ、実践して少しでもカビ予防してみませんか?

それでもカビが生えてしまったら?

範囲が大きくなる前に、早めの徹底清掃がオススメです。
浴室・お風呂場クリーニングのプロであるおそうじ革命の技術に、ぜひ頼って下さい。
私達は、水まわりの清掃が得意分野の一つです。
お客様からの評判も良いメニューなので、ぜひ皆様もお試し下さい。

お風呂や浴槽のエプロンの内部はカビ汚れと水垢汚れでいっぱいです!

エプロン内部の強烈な汚れにビックリ!!そうじ後はキレイになってホッとひと安心!

ユニットバスの場合、ほとんどのバスタブ(浴槽)にエプロンというバスタブや浴槽の前面を覆うカバーが付いているものが多く見られます。
このエプロンのおかげで表面的にはとてもキレイに見える浴槽もエプロンを外すとその中は黒カビ汚れや石鹸カス汚れ、水垢汚れなどで予想以上に汚れています。
浴室清掃前のエプロン内部をご覧になったお客さんは一様に驚きを隠せません。
そしてそうじ後をご覧になりホッとひと安心されます。
浴室の構造や排水パターンの関係で仕方ないことではありますが、汚れが溜まりやすいエプロン内部は定期的なそうじをお奨めしております。
おそうじ革命ではこのエプロン内部に特化したそうじ方法で長年に渡り蓄積した頑固な黒カビ汚れや水垢汚れ、固まった石鹸カス汚れなどを徹底除去しております。浴室やお風呂にキレイと清潔を求められる方はぜひおそうじ革命の【エプロン内部徹底クリーニング】をご利用ください。

エプロンを外すといくつかの止め金具などの部品があるため不注意で指を切ってしまったり、思わぬケガをすることもありますので、エプロン内部掃除は専門業者へのご依頼をお奨め致します。