ハウスクリーニング豆知識 変色・しみ(へんしょく・しみ)

変色・しみとは?

変色しみと言えば絨毯やキッチンマットなどによく見かけますよね。
変色やしみは色んな場所で色んな原因で付着します。
けちゃっぷ・醤油・マヨネーズ・珈琲・果汁・ワイン・絵具・血など一度付着すると場合によっては落ちなくなります。

変色やしみなどになった場合はほったらかしが一番大変になるパターンです。
変色やしみは時間がポイントで以下に早く処理するかで、どれくらい残るかが変わってきます。
しかし種類によって除去方法が若干異なってくるので良く確認することが必要です。

除去方法

しみ変色は3タイプあり油を含んだもの、お水などに溶けやすいもの、その他です。
時間が経つと除去できなくなるので出来るだけ早くです。

ジュースや醤油・珈琲など水に溶けるしみは固く水気を切ったタオル等で上からよく押さえつけたあと中性薬剤をしみに付けてプラスティックのヘラや何かのカードなどで汚れを絞り取ります。
またタオルで押さえた部分をブラシなどで軽く抑えます。
そうすることで絨毯の汚れをタオルに移します。

くれよんやドレッシング、マジック等の油分w含むしみの時は、脱脂綿にベンジン溶剤をシミこませ、上に布を置き、上からブラシ等で小刻みに押して布にしみの元汚れを移行します。

良くあるのが「がむ」ですね。その場合は氷でがむを良く冷やしてスクレーパーでは剥がしとります。
その部分に残ったもはベンジン類を使ってよく剥がしてください。

注意点

お客様宅の状況によっては完全に除去できないこともあります。
記載した方法で問題が起きても、おそうじ革命では責任を負いかねます。ご本人の責任の下に行ってくださいますようお願いいたします。

おそうじ豆知識TOPへ

お問い合わせはこちら
 
タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料