換気扇清掃でお部屋の空気に透明感を

換気扇は、空間汚れを外に吐き出してくれる重要な物!
でも内部がホコリや油汚れなどで少しでも詰まると換気力が低下し厄介な汚れの状態になります。
おそうじ革命なら、換気扇を分解し専用洗剤でキレイにします。

換気扇をおそうじして換気効率UP!

毎日のように使っている換気扇は、知らず知らずのうちにホコリが溜まっていきます。
本来は定期的におそうじした方が良いですが、背伸びしても届きにくい場所にあるからついつい忘れがち。
気付けば換気扇に汚れが溜まって、ホコリが降ってくることも!?

例えば、以下のケースでお困りではないですか?

  • おそうじの仕方が分からない
  • 高い所にあって手が届かない
  • カビや水アカも溜まってそう
  • ホコリが降ってくる
  • イヤな臭いが取れない

おそうじ革命なら、分解清掃するので内部の汚れまでキレイに!
汚れと戦うプロ集団が、心をこめて清掃致します。

換気扇の役割りを再確認しましょう

閉めきった部屋の中で長時間過ごすと息苦しさを感じることがよくあると思いますが、そんな時は先ず窓を開けて「空気の入れ換え」をするのではないかと思います。これを「換気」と呼んでいます。
そして換気扇は文字通り部屋の換気を行うために、空気の入れ替えが必要な場所に設置する大変便利な器具ですが、何故換気扇のそうじが大切かということを、役割りを再確認しながらご説明したいと思います。

通常部屋の中には常に空気が満たされていますが、その空気の中には私たち人間が出す二酸化炭素が混ざっています。
この二酸化炭素が部屋に充満すると息苦しさを感じ、快適さが失われてしまいます。
換気扇の大きな役割りのひとつにこの二酸化炭素を外に出すというものがあります。
さらに料理等で火を使用したり、タバコを吸うといったことにより、臭いも含め空気が濁ってしまい新鮮な空気を吸うことが出来なくなってしまいます。よって換気扇は私達が生きていくのに欠かせない「空気」のため、そして快適な暮らしのために部屋の各所に設置されているということになります。

換気扇は部屋の濁った空気や嫌な生活臭いを外に出すためのもの

換気扇を使用する場合、ほとんどの方は「換気扇を回す」と言っていると思います。
これはプロペラを使用したタイプから始まり、昨今のファン(フィン)を使用したものに至るまで羽を回して空気を外に出すという構造からきているものと思われます。
そして羽を回す理由は、部屋の中に強制的な空気の流れを作り、濁った空気やイヤな生活臭を外に出すためのためです。
よって換気扇は外の空気を部屋の中に取り入れる機能はありません。

部屋に空気の流れを作り、吸い込む時にはホコリや油も一緒に吸い込んでいる

部屋の濁った空気や生活臭を吸い込んで外に出してくれる換気扇ですが、困ったことにホコリや油も一緒に吸い込んでいまう部分が難点と言えます。
言い換えれば「換気扇は部屋のホコリを集めてしまう」ということになります。
さらに換気扇は天井や壁の高い位置に設置されていることが多いため、普段はあまり目が行き届かず、あらためて見てみるとカバーやその周囲にホコリや油汚れがぎっしりと付着しているケースがあります。もっと酷くなるとスイッチを入れたらホコリの塊が落ちてきたというケースも見られます。

部屋の濁った空気や生活臭と共にホコリも集まってしまう換気扇の汚れを放置してしまうと、本来の機能を発揮できないばかりではなく、部屋を汚してしまう結果にもなり兼ねません。
このように淀みや濁りのないきれいな空気を部屋にもたらし、快適な暮らしを支えるために不可欠な換気扇のおそうじは、各タイプ、各設置場所に対応しているおそうじ革命にお任せください。

※換気扇を使用する際は、窓を開けて外からの新しい空気を取り入れてください