床・フロアの清掃は素材を生かし、滑らかな仕上がりに

床がピカピカになるだけで、「お部屋が明るくなった」という意見をよく伺います。
しかし、水拭きしてもなかなかキレイにならず、ワックスがけの仕方も分からないというお客様も多いようです。
おそうじ革命では、お客様の予算・希望に合わせて、様々な清掃メニューを用意しておりますので、ぜひお試し下さい。滑り止め成分配合の抗菌ワックスで安心空間をお届けします!

1日の疲れを癒す場所だから清潔に

床には見えにくいホコリや皮脂、油・水滴、食べこぼし、カビ等様々な汚れが発生します。
掃除機でゴミを吸い、水拭きしてもなかなかキレイにならないというお声をよく耳にします。

例えば、以下のケースでお困りではないですか?

  • 水拭きしてもピカピカにならない
  • 床にカビが生えてしまった
  • 雑巾で二度拭きしても汚れが落ちない
  • ワックスがけのやり方が分からない
  • 予想以上に時間がかかるからイヤ


おそうじ革命なら、清掃+ワックスのメニューも複数用意しています。
汚れと戦うプロ集団が、キレイな床へと心をこめて清掃致します。。

ダニは汚れた床が大好き

ダニといえば、カーペット・絨毯やお布団にいるイメージが強いですが、実は床にも!!
ダニの好物は、人間のアカやフケ、食べ物のカス、花粉、昆虫の死骸と言われており、気づかぬうちに床にダニの好物を残していませんか?

人体に及ぼす影響として、「シックハウス症候群」「アトピー性皮膚炎」「アレルギー性皮膚炎」「小児ぜんそく」が挙げられます。更にダニ(ツメダニ)は人間の皮膚に噛みつく習性があり、噛まれた皮膚は長い時間赤く炎症を起こすと共に強い痒みを併発します。
主に20°~30°の温度時が1番活発となりますが、現代では室温が保たれたご家庭・企業も多く、季節問わずダニ対策が必要です。

ご自分の家が誇らしく思える【しっかり磨かれた床】へ


【玄関(一般家庭)】

マンション、戸建てに限らず玄関のたたき部分(土間)は人が上がる頻度が高い上に、土足のまま使うため、石、タイル、重歩行用のクッションフロアシートが使われているケースがほとんどと思われます。
そのため材質に合わせたそうじが求められます。
そして玄関はその家に住む方だけではなく、お客さんを招き入れる場所でもあります。
おそうじ革命では玄関を掃除する際は土間だけにとらわれずに、上り框、付け框など人の視線がいく部分を隅々まで丁寧に仕上げます。
もちろん玄関ホールも素材の良さを最大に生かせるよう丹念に磨き上げます。

フローリングのおそうじは「木を見て森も見る」が肝心です

【フローリング】
最近の住宅は和室よりも洋室が多く設けられていますが、主な工法としてフローリングがあります。
フローリングとは一般的には木材を使用した床のことを言いますが、無垢材、複合板など様々な種類の材料が用いられています。
比較的広い面積で使用されるフローリングの床をそうじする際は、部分的な汚れはもちろんのこと、遠目に見た場合の「床全体のバランス」も重要となります。
いつも見慣れた部屋の印象が大きく変わるおそうじ革命の「木を見て森も見るフローリングのおそうじ」をぜひお試しください。

大切なお客様との談話の場、応接室の床は特別な気持ちでお手入れを

【応接室の床(一般家庭・事務所)】
一般のご家庭でも応接室を持たれているお宅は少なくありませんが、事務所などはほとんどの場合応接室が設けられています。
応接室とは文字通り「人を応接する部屋」であり、実際には「大切なお客様との談話を行う部屋」として使用されています。そしてお客様への敬意の表れとして調度品や絵画などが飾られていると思いますが、きっちりとそうじされた床も敬意を表し、落ち着いた雰囲気を醸し出すために大いに役立つと思います。
応接室に使用される床材は様々ですが、おそうじ革命のフロアクリーニングはどの材質にも対応致しておりますので、応接室のおそうじはぜひお任せ下さい。