床・フロアのおそうじは素材を生かし、滑らかな仕上がりに!!

床・フロアーのお掃除ならおそうじ革命にお任せください

ホーム > 床・フロア清掃

床をキレイに保つことによって、フローリングやフロアマット、カーペットの素材自体の劣化を防ぎます。光沢のある床で、私生活を明るくしましょう。
おそうじ革命では、滑り止め成分配合の抗菌ワックスで安心空間をお届けします!
スタンダードとハイグレードからお選びください!

【ご注意】ダニは汚れた床が大好きです。クリーニングはお早めに!!身近なところに潜むダニは私達の暮らしの中で「百害有って一利なし」というほど危険で嬉しくない存在といって良いと思います。
ダニは体長が1mm以下のため日常ではほとんど目にすることはありませんが、無数のダニが家の中に棲んでいると言って良いと思います。そしてダニの好物は人間の垢やフケ、食べ物のカス、花粉、昆虫の死骸と言われており、それだけを聞くと汚い物を食べてくれるのだから実は人間にとって良い生き物ではないのか…と思ってしまいますが、その考えは大きな誤りです。

ダニが人体に及ぼす影響としてシックハウス症候群、アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、小児ぜんそくが挙げられます。さらにダニ(ツメダニ)は人間の皮膚に噛みつく習性があり、噛まれた皮膚は長い時間赤く炎症を起こすと共に強い痒みを併発します。健康な成人の場合はしばらくすれば治癒しますが、赤ちゃんやお年寄りにとってはとても危険な生物と言えます。

ダニの習性は、20°~30°の温度時が1番活発となり、季節的には6月~9月がもっとも繁殖率が高くなると言われています。よって、お住まいの床にカーペットや絨毯をご使用の場合は夏から秋が一番ダニによる被害が予想されますので、ぜひ一度プロによる徹底クリーニングをお考え頂ければと思います。

 

【一般家庭のケース】
暑い毎日で疲れ気味の時などは部屋のジュータンの上で昼寝が一番!!とお考えの方は少なくないと思います。一般のご家庭も洋室でジュータンやカーペットを使用されている場合、気を付けなくてはならないのが「ダニの存在」です。
気持ちよく昼寝をした後に腕や足に何か所も赤く腫れあがった虫刺されの痕、それはおそらくダニの仕業です。

家の中に棲みつくツメダニに噛まれた部分は何とも言えないしつこい痒さに襲われますが、この症状はダニに対する人間のアレルギー反応と言われています。健康な成人であれば痒みは自然と消えますが、アレルギー反応が強い方やお年寄り、赤ちゃんといった免疫力が弱い方は医師の治療を必要とする場合があります。
ダニの繁殖を進ませないためには、ジュータン、カーペットのクリーニングは必須です。

 

【オフィス・店舗のケース】
オフィの場合は強度の関係でジュータンよりもカーペットを使用されているケースが大半と思います。中でも音や衝撃を吸収するクッションタイプが重宝されているようです。オフィス用のカーペットにもダニが発生、繁殖することには変わりはありません。ダニはどこにでもいます。そしてエサがある場所で急速に繁殖します。
オフィスや店舗の場合、特に注意しなければならないのは、スタッフの方のダニ被害に加えて、お客さんがダニに噛まれることだと思います。ダニのジャンプ力は1m以上と言われ、時と場所を選ばずに人間の皮膚を狙っています。大事な商談、大切な人との食事中にダニに足を噛まれては決して良い印象を持ってはもらえませんので、ぜひカーペットのクリーニング、ダニ退治をご一考頂ければと思います。

 

 

「ドアを開けるとしっかり磨かれた床が目に入る」ご自分の家が誇らしく思える瞬間ですね。

%e7%8e%84%e9%96%a2【玄関(一般家庭)】
マンション、戸建てに限らず玄関のたたき部分(土間)は人が上がる頻度が高い上に、土足のまま使うため、石、タイル、重歩行用のクッションフロアシートが使われているケースがほとんどと思われます。そのため材質に合わせたそうじが求められます。そして玄関はその家に住む方だけではなく、お客さんを招き入れる場所でもあります。おそうじ革命では玄関を掃除する際は土間だけにとらわれずに、上り框、付け框など人の視線がいく部分を隅々まで丁寧に仕上げます。もちろん玄関ホールも素材の良さを最大に生かせるよう丹念に磨き上げます。

 

フローリングのおそうじは「木を見て森も見る」が肝心です!!

%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0【フローリング】最近の住宅は和室よりも洋室が多く設けられていますが、主な工法としてフローリングがあります。フローリングとは一般的には木材を使用した床のことを言いますが、無垢材、複合板など様々な種類の材料が用いられています。比較的広い面積で使用されるフローリングの床をそうじする際は、部分的な汚れはもちろんのこと、遠目に見た場合の「床全体のバランス」も重要となります。いつも見慣れた部屋の印象が大きく変わるおそうじ革命の「木を見て森も見るフローリングのおそうじ」をぜひお試しください。

 

ついつい寝転がりたくなるきれいにそうじされた「じゅうたんフロア」

%e3%81%98%e3%82%85%e3%81%86%e3%81%9f%e3%82%93%e9%83%a8%e5%b1%8b【じゅうたんフロア】畳の出番がめっきり減った昨今ではじゅうたんを使った床が多く目につきます。きれいな窓から注がれる陽射しで心地良い暖かさを持ったじゅうたんは、ついついゴロゴロしたくなります。しかしそれはちょっと待ってください。じゅうたんの材質は繊維のため、パイルと呼ばれる毛足があり、その隙間には一般的に「ダスト」と呼ばれるホコリ、ダニの死骸、毛髪、フケ、ペットを飼われているお宅では、そのペットの抜け毛がぎっしりと付着しています。プロによるじゅうたんのおそうじでそれらをしっかり取り除き、安心してお昼寝に興じてください。

 

多くの重圧に耐えるタフなタイルカーペットでも汚れには弱いのです。

%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9【タイルカーペット(一般家庭・事務所・店舗)】一般家庭でもお子さんの遊びスペースに補足的な床材として重宝されるタイルカーペットですが、事務所や店舗の床材として使用されるケースが圧倒的に多いと思われます。さらに断熱性、耐火性、弾力性などを考慮したクッションタイプに人気があるようです。1日中土足で踏まれることが多いタイルカーペットは丈夫に出来ていますが、飲み物や食べ物をこぼした汚れや外から運ばれてきた土汚れを防ぐ力はありません。しかも表面がフラットでは無いためそれらの汚れが繊維の隙間に入り込み、こびり付いてしまいます。比較的広い面積で使われるタイルカーペットの床はプロの技術と手際によるおそうじをお奨め致します。

大切なお客様との談話の場、応接室の床は特別な気持ちでお手入れを!!

%e5%bf%9c%e6%8e%a5%e5%ae%a4【応接室の床(一般家庭・事務所)】一般のご家庭でも応接室を持たれているお宅は少なくありませんが、事務所などはほとんどの場合応接室が設けられています。応接室とは文字通り「人を応接する部屋」であり、実際には「大切なお客様との談話を行う部屋」として使用されています。そしてお客様への敬意の表れとして調度品や絵画などが飾られていると思いますが、きっちりとそうじされた床も敬意を表し、落ち着いた雰囲気を醸し出すために大いに役立つと思います。応接室に使用される床材は様々ですが、おそうじ革命のフロアクリーニングはどの材質にも対応致しておりますので、応接室のおそうじはぜひお任せ下さい。

床・フロア掃除の作業の流れ(フローリング)

  • 掃除機がけ⇒
  • エッジ(拭き上げ・洗浄)⇒
  • 乾燥⇒
  • 掃除機がけ⇒
  • ワックス塗布

お問い合わせはこちら

床クリーニング料金表

種別№ タイプ 金額
№1 清掃+ハイグレードワックス(1㎡あたり) 1,080円
№2 清掃+スタンダードワックス(1㎡あたり) 594円
№3 床清掃のみ(1㎡あたり) 324円
  • ※作業費用は消費税、出張費込みです。
  • ※作業時間は汚れ具合と広さにより異なります。一般家庭ですと、最低2時間以上はかかります。
  • ※上記金額は、フローリング・Pタイル・クッションフロア全て共通です。
お問い合わせはこちら

仕上げの要、床用ワックスの違いをご覧ください。

ワックスの違い

追加剥離サービス

ワックスは、年月が経つと、汚れの浸透や小さなキズなどでだんだん剥がれてきて、黒ずんだり透明感が無くなります。
そこで古いワックスを専用洗剤を使って完全除去してから、フローリングに新たなワックスを塗布することにより、床本来の質感を取戻します!
ご利用対象者は、【フロアクリーニング】をご依頼された方が追加サービスとしてご利用になれます。

種別№ サービス名 金額
№1 追加ワックス剥離サービス(1㎡あたり) 1,080円

床・フロアのクリーニングに関する注意事項

※必ずご確認ください

確認事項

  • 素材によっては、フローリングのワックス剥離ができない場合がございます。
  • 床の素材自体のシミは完全除去できません。
  • ワックスの剥離ではなく、通常ワックスの場合、汚れ具合や床の素材によって、「洗浄」または「拭き上げ」のどちらで作業を進めるかは、弊社の判断になります。素材をできるだけ傷めないという観点から「拭き上げ」がメインになりますが、拭き上げでは落ち切れない汚れがある場合は、「部分洗浄」させていただきます。
    店舗や土足通行がある場所は、洗浄になります。
  • ワックスコーティング後のお手入れは、固く絞った水拭き雑巾、または乾いた雑巾をご使用ください。市販の洗剤などを使うと、ワックスが剥がれてしまう可能性があります。
お問い合わせはこちら

ビフォーアフター

準備中です

ブログ

タップですぐに電話できます 0120-96-3933

受付時間:9:00~20:00

LINE
お見積もりは無料