照明・蛍光灯清掃してお部屋の明るさを驚くほど実感

照明器具は高所にあり普段のおそうじでは大変ですよね
天井はタバコなどの煙が溜ったり光を求めて虫が発生します。おそうじ革命では、キレイにするのは当たり前!キレイにすることにより、お部屋全体が明るくなります。

照明を購入後、そうじせずに放置してませんか?

照明・蛍光灯には、ホコリやタバコのヤニ、油汚れ、虫などが溜まり、お部屋全体を暗くしてしまうことがあります。本来は定期的におそうじをすることで、本来の輝きを維持しやすいですが、ご家庭ではなかなか難しいというご意見も。

例えば、以下のケースでお困りではないですか?

  • 電球を変えたばかりなのに暗い気がする
  • 照明カバーが黄ばんできた
  • 油汚れでベトベトしてる
  • ホコリが落ちてくる
  • おそうじしにくい


おそうじ革命なら、汚れを徹底的にキレイに!
汚れと戦うプロ集団が、心をこめて清掃致します。

一般的に使用されている照明器具のおそうじ効果

天井照明(洋)

一般家庭用として主に洋室で使用されている天井照明器具です。部屋全体を照らす役割があるため大きなサイズが用いられることが多く、比較的人がいることが多いリビングやダイニングキッチンでは遠目には気付きませんが、いつの間にかカバーにホコリ、たばこのヤニ、殺虫剤の付着による汚れなどで元来の明るさ(照度)が失われているケースが多々みられます。
また、カバーの中の本体も静電気や蛍光灯の熱などによって表面が汚れているケースがあります。
これらをそうじすることで蛍光灯が発する明るさを部屋全体に放つことができ、天井、壁などが明るく照らされることで部屋全体が明るく変貌します。

天井照明(和)

一般家庭用として主に和室で使用されている天井照明器具です。
和室の雰囲気を活かしたデザインのものが多く、実際の竹や和紙を使用したものも見られます。
細かな細工が施されているためホコリや汚れが溜まりやすく、乱暴に扱うと破損してしまうこともありますので丁寧な作業が求められます。
また、洋室タイプと同様に殺虫剤の付着、たばこのヤニによる汚れも多く見られます。
おそうじにあたっては細かな部分のホコリや汚れを丁寧に取り除き、優しく丹念に全体を拭き取ります。

ダウンライト

一般家庭では廊下や洗面所、リビングなどの予備照明として天井に埋め込まれているシンプルな照明器具です。
電球が露出されている造りからそうじの時につい見過ごされてしまう部分かもしれませんが、一般的な照明器具同様に熱や静電気によって器具自体、電球自体に汚れが付着しているケースが多々見られます。
広い範囲を照らす器具ではありませんが、天井と一体になっているため汚れていると天井自体の見栄えが悪くなってしまいます。
そうじにあたっては特に器具と天井との隙間の汚れが天井材(クロス等)に付着しないように細心の注意を払い、電球も含めて全体的にムラなく汚れを除去します。

蛍光灯

一般家庭ではキッチンの手元照明など比較的隠れた部分、事務所などでは天井のメイン照明として多く用いられている照明器具です。
蛍光灯(FL球)が露出しており、白い本体(基台)に光を反射させて部屋を照らします。
蛍光灯自体のホコリや汚れも照度に大きく影響しますが、本体が汚れていると反射力も劣ってしまい、本来の明るさが得られなくなってしまいます。
特に事務所などでは多くの蛍光灯を使用しているケースがありますので汚れた状態ではムダな電気を消費してしまう上に、デスクや作業場で適切な明るさを得ることが出来なくなってしまいます。

暮らしの中の光と灯り

照明器具は物や場所を照らすためのものですが、その用途はとても幅広く、スポットライトやハロゲン電球用の器具はある部分を目がけて強く光を投射し、投光器のように空に向かってどこまでも光を放つといったものもあります。しかし一般家庭においては家庭の団欒や、和やかさを重視した優しい灯りを発する照明器具が望ましく、大概の器具はそのように作られています。私たちおそうじ革命も家庭や事務所の照明のあり方というものを理解し、皆さんの毎日に優しさや穏やかさ、そして安心を感じられるよう、「光は外側を照らし、灯りは内側を灯す」そのような気持ちを持って照明器具をおそうじしております。